記事一覧

そこはかとなく漂う祭りの後感。そんな中稀勢の里関が見せたのは、初日に勝るとも劣らない最悪の相撲だった


今場所の綱取りという祭りは終わったのだ。
 <br>


12日目の相撲中継を見ていて、強く感じた。
11日目まで、花道で、取り組みを待つ控えで時間いっぱいまでの仕切りで、あれほど稀勢の里関の表情を
つぶさに捉えていたカメラは、この日とうとう稀勢の里関を追うことをしなかった。

見る側のニーズに応えて、注目されている部分にフォーカスするのは仕方ないことだ。
もう今場所の注目は完全に豪栄道関の優勝に切り替わったのだから。

ただ、豪栄道関が連勝を続ける中でも、しつこいぐらいに綱取りを持ち上げ稀勢の里関をカメラで追っていたことを考えると
NHK側の極端な変わり身に思わず苦笑が漏れてしまう。

しかし、これが現実だ。
綱取り挑戦という金看板を失った、今の稀勢の里関を特別取り上げる必要などないのだろう。

 <br>


ただ、稀勢の里関を長年注目している私のような人間にとっては、むしろ今こそ注目すべきだと思っている。
綱取り挑戦という目標を失った直後の取り組みで、どのような相撲をみせるのか?
新たな綱取り物語の幕開けにふさわしい内容を見せてくれるのかそれとも不甲斐ない姿をさらしてしまうのか?

結果からお話しすると、初日に勝るとも劣らない最悪の相撲内容だった。

 <br>


紅潮し強張る表情
立ち合いでピョン立ち
腰の高い魁
聖関をさらに上回る、伸びきった腰

考えうる最悪の取り口であり、勝てたのが不思議なぐらいの内容だった。

 <br>


ただ相撲内容もさることながら、それ以上に気になったのは、勝名乗りを受けて懸賞金を受け取る際の表情だ。
まるで、退屈な仕事がやっと終わったとでも言いたげなダメサラリーマンのような覇気のない表情だった。

昨日までとは全くの別人だった。

完全に、昨日の敗戦を引きずっているようだ。
正確に言うと、綱取りという目標を失ったことで、緊張の糸が切れ精神的な疲れも表面化してしまったというところだろうか。

稀勢の里関は、見ていて非常にわかりやすい力士だと思う。
これが一部の人間を引きつけてやまない魅力なのかもしれないが。

 <br>


しかし、これは困ったことだ。
このまま厭戦気分で残り3日間を過ごしてしまっては、何も実りがない。
せっかく横綱と本場所で胸を合わせられる貴重な時間を無駄にしてしまいかねない。

とはいえ、あの覇気のない表情を見ると、豪栄道関が全敗すればまだ優勝の可能性はあると叱咤激励したとしても
やる気が戻るとは思えない。
何か、秋場所の残りに具体的な目標が必要になってくるのだろう。

 <br>


そこで私は、稀勢の里関にこんな提言をしたい。
このブログに稀勢の里関が目を通してくれているわけもないのだが、あえて言いたい。

秋場所の残りの3日間、徹底的に腰を下ろすことだけ考えて相撲をとってはどうだろうか?

 <br>


残りの3日間もう細かいことは何も考えない。
対戦相手の出方も考えない。
ただ、腰を徹底的に下ろすことだけ考えてぶつかっていく。
横綱相手にそのような相撲を取ることで、何が変わるかを体感すればよいのではないか?

幸い、13日目の相手は豪栄道関に敗れ優勝の可能性がなくなった鶴竜関だ。
変化などして星を取りに行く状況は考えづらい。
新しい取り口を試すには、うってつけの相手だろう。

 <br>


稀勢の里関がさらに地力をつけるためには、どっしりとした安定感のある足腰を作らなければならない。
それなしでは、綱を張れないことは今場所痛いほどわかったはずだ。

来場所を逆襲の場所にしたいのであれば、傷心している暇はない。
そのためにも、無為に3日間を過ごすのだけはしてはならないことだ。

私の提言をそのままやってくれとは言わない。
しかし自分の弱点に気づき、改善のための目標を立てて秋場所を戦いきって欲しいのだ。

 <br>


13日目、どんな相撲をみせてくれるのか、引き続き稀勢の里関に注目したい。

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

momiji

Author:momiji
相撲に関わる色々なランキングを作成しております。

・相撲ポイント
15日間の幕内力士の相撲を最高点10点最低点0点で採点

6点・・・特筆すべき内容がない勝利
5点・・・特筆すべき内容がない敗北
※不戦勝は6点

カテゴリ欄の「2017年各場所ランキング」から素早く確認できます

スポンサードリンク