記事一覧

上位対決の初戦を制した稀勢の里関と豪栄道関。11日目の勝者が今場所の優勝候補となるだろう


いよいよ秋場所は佳境の後半戦に入った。
 <br>


今場所を盛り上げて来た隠岐の海関がこの日3敗目を喫したことで、いよいよ主役は全勝の豪栄道ということになってきた。

 <br>


この日は、今場所初の上位戦、大関照ノ富士関との1番となった。
照ノ富士関の調子が上がっておらず合口も良いため、おそらく豪栄道関が勝つと踏んでいたが、想像以上の圧勝だった。

立ち合いで右をねじ込むと、すぐに相手を起こしながら寄り、最後は2本差す形で寄り切り相手に何もさせなかった。

不調とはいえ大関相手にこれ以上ない勝利を収めた。
これで11日目の取り組みに弾みが付くだろう。
 <br>



さてその11日目の対戦相手となる稀勢の里関も、初の上位戦となった。対戦相手は大関琴奨菊関。

共に2敗と好調を維持しており、まだまだ優勝を狙える位置につける。
優勝争いに踏みとどまるために負けられない1番となった。

立ち合いはほぼ互角だったが、馬力に勝る琴奨菊関が押し込んで行く。
ただ、稀勢の里関は慌てず左を押っ付けて堪える。
琴奨菊関の動きが止まると、じりじりと稀勢の里関が押し返し左差しの形を作る。
不利な態勢となった琴奨菊関が、相手の左差しを嫌い巻き替えを試みるも、
稀勢の里関の攻めは厳しく、そのまま琴奨菊関の足が出て勝負ありとなった。

終わってみれば、稀勢の里関の完勝と言って良い内容だった。
こちらも11日目に向けて勢いに乗っていけるだろう。

 <br>


そして、本日11日目は稀勢の里関、豪栄道関という今場所の結果を左右する1番が組まれることとなった。

おそらく豪栄道関は、この1戦を制することができれば初優勝に向けて勢いに乗ることができるだろう。
初場所優勝した琴奨菊関は、稀勢の里関を破ることで流れに乗ったことで、3横綱撃破に繋がった。

稀勢の里関にとっても、ここで勝って豪栄道関と星の差一つに持ち込まなければ逆転優勝に繋げることができない。
是が非でも勝たなければならない一番だ。
 <br>



勝敗のカギは、いかにプレッシャーを感じずにこの一戦に臨めるかという事になってくる。
勝ちを意識しすぎて、動きが固くなった方が敗北は必至だ。

そう考えると、優位に立っているのは豪栄道関だろうか?
全勝の豪栄道関は、負けてもまだ首位はキープできることもあり精神的にも余裕がある。

対する稀勢の里関は負ければ後がない1番となるだけに、相当なプレッシャーがかかるはずだ。
完勝した琴奨菊関との一番でも、立ち合いはややつっかけ気味だった。
精神的に気負いが見られる状態にあるのかもしれない。

しかし、過去の対戦結果から見ると稀勢の里関が有利である。
対戦成績は稀勢の里関が大きく勝ち越しており、今年に至っては本場所で一度も豪栄道関に負けていないのだ。

精神面は豪栄道関、合口では稀勢の里関。
どちらが勝つか、今から非常に楽しみな一番だ。

 <br>


考えてみれば、日本人大関陣はふがいないと批判される場所が続いていた。
昨年までは、3大関が早々に優勝争いから消えるという場所も多く、北の富士氏が常々
「今の大関を倒しても殊勲にはならない」という厳しい言葉を投げかけていた。

それが今年に入って、初場所は琴奨菊関が優勝し稀勢の里関が綱取りをかけて奮闘して充実ぶりを見せている。
そんな中、負け越し2回と波に乗れていなかったのが豪栄道関だったが、
白鵬関不在の今場所で堂々と優勝争いの先頭を走って土俵を盛り上げている。

日本人大関も、まだまだ捨てたものではないのだ。
 <br>


11日目の稀勢の里関と豪栄道関の一番は、どちらが勝つにしても
今場所の日本人大関陣の充実ぶりを見せつけるような熱戦を期待したい。

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

momiji

Author:momiji
相撲に関わる色々なランキングを作成しております。

・相撲ポイント
15日間の幕内力士の相撲を最高点10点最低点0点で採点

6点・・・特筆すべき内容がない勝利
5点・・・特筆すべき内容がない敗北
※不戦勝は6点

カテゴリ欄の「2017年各場所ランキング」から素早く確認できます

スポンサードリンク