記事一覧

5連敗の正代関。胸から当たる立ち合いを改善しなくては上位陣に通用しない。



秋場所は5日目を終了し早くも前半戦を終了した。

 <br>


ここまでの主役は、間違いなく隠岐の海関だろう。
稀勢の里関を破った初日を皮切りに、両横綱を倒して場所を盛り上げている。

この日も、取り直しで厳しい相撲となったが、しっかりと勝利し初日からの5連勝となった。
内容も、松鳳山関相手にかなり余裕を持って戦えているように感じられた。
すでに2大関2横綱を倒していることを考えると、これはもしかするとそのまま独走もありうるが
まだ序盤戦終了段階だ。どのよう相撲を中盤戦でみせるか楽しみだ。

 <br>


場所前にはほとんどの相撲ファンが予想していなかった隠岐の海関の活躍と、ギリギリで綱取り挑戦を続ける稀勢の里関
の奮闘もあって、今場所は非常に盛り上がっている。
そんな中、期待の若手である正代関が5連敗と初日が出ずに苦しんでいる。
 <br>



横綱大関との取り組みが続いているため、黒星が積み重なるのは仕方ないことだが相撲内容も芳しくない。
常に立ち合いで当たり負けて、劣勢を挽回できずに敗れているのだ。
結局のところ以前から指摘されている立ち合いを改善しなければ、上位陣には通用しないだろう。

 <br>



正代関の立ち合いは、常に胸で相手に当たろうとする。
それゆえに、相手を受け止めるという形になり、当たり勝とうとする立ち合いではない。
加えて、体が起きる状態でぶつかるため、低い姿勢で当たってくる相手に対して常に中に入られやすい状況に陥ってしまう。
同格以下の力士であるならば、立ち合いで有利な状況にならなくとも持ち前の足腰の強さと相撲の柔らかさで逆転することが可能だ。
事実この立ち合いで、三役を狙える前頭2枚目という位置につけている。


しかし、大関横綱は当たりの強さと攻めの速さが違う。
立ち合いでしっかり当たって有利な体勢を作らなければ、挽回するのは非常に難しいのだ。
それは今場所の結果が物語っているだろう。

 <br>


正代関は、若手の中でも特に恵まれた素質を持っていると思われる。
決して大きな体ではないが、相撲取りとして十分体格に恵まれている。

そして持ち前の柔らかい体ゆえの柔らかい相撲は誰でも取れるものではなく、天性のものだろう。
加えて足腰の強さは、不利な状況を逆転する強力な武器となっている。
それだけに、正代関にはスケールの大きさを感じてしまうのだ。
横綱までたどり着けるのではないかという夢を抱いてしまう。

 <br>


持って生まれた素質があれば、今の立ち合いを続けていても十分相撲は取れる。
三役を経験できるかもしれない。
しかしそれより上を目指すのであれば、早期に胸から当たる腰高な立ち合いを改善しなくてはならない。
 <br>



横綱正代を夢見る1ファンをさらに期待させる相撲を見せてほしい。






スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

momiji

Author:momiji
相撲に関わる色々なランキングを作成しております。

・相撲ポイント
15日間の幕内力士の相撲を最高点10点最低点0点で採点

6点・・・特筆すべき内容がない勝利
5点・・・特筆すべき内容がない敗北
※不戦勝は6点

カテゴリ欄の「2017年各場所ランキング」から素早く確認できます

スポンサードリンク