記事一覧

若手の活躍に世代交代の波を実感するが、危機感を持って取り組む必要がある


秋場所も3日目まで終了した。

今場所は、上位陣安泰の日が1日もないという荒れた展開が続いているが、
4日目も、大関照ノ富士関が破れ安泰とはならなかった。
そしてその大関を破ったのは、今場所躍進する隠岐の海関だ。


立ち合いから攻められる展開で決して褒められる相撲内容ではなかったが、土俵際で押し出す大関の手を極めながら手繰りかろうじて勝利をもぎ取った。
ギリギリでも技を仕掛けられるのは調子の良さを表している。
このまま首位をキープし続けられるかはわからないが、この勢いがどこまで続くか注目したい。


さて、今場所は稀勢の里関の綱取りと隠岐の海関の躍進に関心が集まっているが、それ以外にも個人的に注目している力士がいる。
高安関と琴勇輝関だ。

この二人には共通点がある。
共に突き押しを得意とする力士という共通点があるが、今回フォーカスしたいのはどちらも大相撲の一翼を担う大物力士を兄弟子に持つという点だ。


高安関は田子ノ浦部屋に籍を置く。ここには言わずと知れた今場所の綱取りを目指す稀勢の里関がいる。
そして、琴勇輝関は佐渡ケ嶽部屋の力士であり、大関琴奨菊関の弟弟子に当たる。

その二人が今場所非常に見応えのある相撲を見せている。


琴勇輝関は、2場所連続で負け越し三役陥落となり前頭8枚目まで番付を下げてしまった。
膝の怪我も癒え始めた今場所は、得意の突き押しで対戦相手を圧倒し、自身初の初日からの4連勝を見せている。
怪我さえ治れば、幕内中位は敵では無いと言わんばかりの充実ぶりだ。

一方の高安関は、新関脇として今場所相撲を取っているが、こちらも3勝1敗と調子が良い。
しかも大関琴奨菊関を始め、妙義龍関、栃煌山関と実力者を内容を伴った相撲で勝利している。
この調子で白星を積み上げて行けば、2桁勝利も充分に狙える。
そうなれば、先場所11勝を挙げていることから大関取りも視野に入ってくる。
まさに前途洋々といったところだ。

このように現在横綱大関の地位にいる力士より若い力士達が活躍すると、少しづつではあるが確実に世代交代は進んでいることを実感させられる。


新しい世代の活躍ということならば、既に触れた二人の力士以外にも若手では御嶽海関や遠藤関も今場所調子が良い。

御嶽海関は新入幕当初、軽い当たりで物足りなさを感じさせたが、経験を積んできた今場所は立ち合いで鋭い当たりを見せている。
完全に四つ相撲も物にしたようで、今場所すでに3勝を挙げている。

そして、遠藤関だ。
早くから将来を嘱望されたホープは、怪我に苦しみ一時は十両陥落の憂き目をみたが、今場所は怪我の状態も非常に良いようである。
特にこの日は、千代翔馬関の首投げを痛めている左膝で必死に耐えて逆転勝利を収めた。
持ち前の柔らかい取り口も健在で、怪我さえ癒えれば前頭下位ではなく3役もうかがえる地力を持っているのだと感じられる。
このまま好調を維持し、星を積み上げて行ってほしいものだ。


高安関、琴勇輝関、御嶽海関、遠藤関。
今挙げただけでも、若手の人材はかなり豊富だ。
これに加え、今場所まだ初日が出ていないが確かな実力を持つ正代関。
そして、すでに大関という実績を挙げている照ノ富士関と大相撲の次の世代を担っていく人材は着々と育ってきているのだ。


あとは、ここで名前の上げた力士たちが、現在横綱大関となっている力士たちの後を継ぎその地位までたどり着けるかという事になる。
参考に、現在の上位陣が大関、横綱の地位に就いた年齢を記載すると以下のような数字が並ぶ。

大関就任時年齢

白鵬:21歳
日馬富士:24歳
鶴竜:26歳
稀勢の里:25歳
照ノ富士:23歳
豪栄道:28歳
琴奨菊:27歳
(平均:24.85歳)

横綱就任時年齢

白鵬:22歳
日馬富士:27歳
鶴竜:28歳
(平均:25.7歳)

大関就任年齢は平均しておよそ25歳となる。横綱就任年齢は、白鵬関が若くして横綱となったため平均値をが下がってので、およそ通常平均は27歳ぐらいだろうか?

そして現在の若手有望力士の年齢は以下の様になっている


若手有望力士の現在年齢

高安:26歳
琴勇輝:25歳
遠藤:25歳
照ノ富士:24歳
正代:24歳
御嶽海:23歳


この数字を見てどう思っただろうか?
すでに大関となっている照ノ富士関は別として、若手力士達は頂点を目指すのであれば大関を窺える地位で相撲を取らなければならない年齢に達しているということになる。

勝つことで褒められるのではなく、勝つことが当たり前に変わっていかなければならない年齢に達しているのだ。

有望な若手は着実に育っている。しかし、上を目指すのであれば相応の危機感を持って日々精進しチャンスをつかんでいかなくてはならない。
高安関であれば、今場所の活躍次第で大関取りが見えてくる。
その好機を物にするために、前提条件となる2桁勝利を必死に掴みにいかなければならないのだ。


名前を挙げた力士達だけでなく、全ての若手力士達が、意識を高く持って相撲に取り組んで行くことを願っている。

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

momiji

Author:momiji
相撲に関わる色々なランキングを作成しております。

・相撲ポイント
15日間の幕内力士の相撲を最高点10点最低点0点で採点

6点・・・特筆すべき内容がない勝利
5点・・・特筆すべき内容がない敗北
※不戦勝は6点

カテゴリ欄の「2017年各場所ランキング」から素早く確認できます

スポンサードリンク