記事一覧

厳しい2敗目だが、なぜか見ていて清々しい。稀勢の里関は初優勝のために多いに苦しんで欲しい。



秋場所3日目も波乱の1日となった。
 <br>



初日から連勝していた、日馬富士関が初黒星となった。
勝ったのは、隠岐の海関。
稀勢の里関、鶴竜関と連日上位陣を破ってきただけに乗っていることは理解していたが、好調の日馬富士関に勝利するとは思わなかった。

相撲内容も、立ち合いから、日馬富士関に両まわしを引かれる苦しい展開を、耐えて巻き替えて逆転するという小細工なしの真っ向勝負で勝利を収めている。
横綱を連覇して今場所の自分の力にさらに自信を深めただろう。このまま快進撃を続けるか注目していきたい。
 <br>



さて、その他にも琴奨菊関が高安関に敗れるという波乱もあったが、何よりも取り上げたいのはやはり稀勢の里関だろう。
栃ノ心関の変化に屈して、痛い2敗目を喫したのだ。


この1番、稀勢の里関のファンであれば、立ち合いで変化した栃ノ心関を批判するかもしれない。
しかしこの日の栃ノ心関は非常に上手かった。
変化した後、すぐに低い姿勢から脚に手をかけ渡しこみを仕掛けて稀勢の里関に休む間を与えなかった。
変化を含め、その積極性が身を結んだ勝利だろう。
 <br>



稀勢の里関の敗因は、解説の尾車親方の指摘もある通り、腰の高さだ。
変化された後、何とか大勢を立て直すがその後完全に腰が立った状態になってしまった。
そのため、栃ノ心関に脚を狙われれしまったのだ。
おそらく反応の速い白鵬関や日馬富士関だったら、大勢を立て直した後逆転勝利を収めただろう。

稀勢の里関の対応力の低さは弱点の一つだろう。相手に動かれるなど不測の事態が起きると、ばたつき呆気なく敗れてしまう。
その根本原因は、腰を落としていないため重心が高く即座に対応できないことにある。
この悪癖を直さない限り、大事な場面で再び躓くことになる。

しかし、なぜだろうか?
この日の稀勢の里関の敗北を見た後も、初日の敗戦後のような脱力感を感じる程の怒りを覚えることはなかった。
むしろ、明日良い相撲を見せて欲しいと気持ちをスッキリと切り替えられる自分がいるのだ。
決して、稀勢の里関に期待することをあきらめたわけでもないのだが。
答えがあるとしたら、それは稀勢の里関が改善する姿を見せてくれるからなのだろう。


 <br>


先場所、同じように変化で敗れる取り組みがあった。
その時は、相手の変化が全く頭になかったかのように突っ込んで敗戦となった。
そして、昨日の取り組みだ。
相手の変化を想定していたか、体調がいい故なのかは不明だが。少なくともこらえて持ち直すことができた。
つまり、先場所見せた立ち合い変化されるとまったく対応できない弱点の改善を見せてくれたのだ。

そして付け加えるならば、2日目の取り組みでも
初日で敗北し、勝たなければほぼ綱取りが消滅する重圧のかかる1番で、最も大きな弱点であった精神的なもろさに打ち勝ち栃煌山関に完勝して見せた。

歩みは決して早いものではないかもしれない。しかし稀勢の里関は、着実に改善しているのだ。

だからこそ、怒りよりも期待を感じることができたのではないだろうか。
この日見せた、ずっと指摘されている腰高という弱点も近い将来克服できると期待している自分が確かにいるのだ。

 <br>


序盤に平幕に2敗という結果は、不満の残る内容だ。
ネットニュースによると、審判部でも綱取りに関する話題が少なくなってきているという

しかし、稀勢の里関は綱取りに挑戦している状態だ。大きなプレッシャーがかかる中で取り組みに臨んでいる。
しかも、対戦相手も横綱昇進なるものかと気合十分でぶつかってくる。
その環境下で、直近3場所を38勝している実績のある力士に対して、2敗したら綱取り消滅ではあまりに乱暴だろう。

 <br>


4日目の相手は、難敵の嘉風関だ。
横綱相手に連敗をしているものの今場所動きが非常に良い。
プレッシャーに弱い精神的なもろさ、腰高という弱点のどちらかでも顔を覗かせたら黒星を喫する可能性は高い。

初優勝への道は本当に険しい。
苦しい場面は、千秋楽まで続くだろう。
しかしこの苦しさを乗り越えてこそ、綱を張る力士たりえるのだ。

多くの苦難を乗り越える稀勢の里関の活躍を期待したい。

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

momiji

Author:momiji
相撲に関わる色々なランキングを作成しております。

・相撲ポイント
15日間の幕内力士の相撲を最高点10点最低点0点で採点

6点・・・特筆すべき内容がない勝利
5点・・・特筆すべき内容がない敗北
※不戦勝は6点

カテゴリ欄の「2017年各場所ランキング」から素早く確認できます

スポンサードリンク