記事一覧

新関脇の地位が宝富士関を飛躍させるのか?


先日、秋場所の番付が発表された。西に白鵬関、東に日馬富士関という番付に新鮮さを感じるが、いよいよ大相撲が始まる喜びで今から胸踊る気分である。

さて今場所の注目は、やはり稀勢の里関の異例とも言える3場所連続の綱取りだろう。
悲願の初優勝を成し遂げ横綱の地位を獲得できるのか、非常に楽しみだ。
また、白鵬関の通算勝利数1000勝、カド番2大関の地位堅持の成否など話題の多い場所となっている。

ただ私が秋場所で最も注目しているのは、別の力士達だ。
新関脇となった高安関、宝富士関である。


共に夏場所で2桁勝利を収め、優勝争いにも食い込む活躍を見せたが、優勝の重圧に負けて横綱大関について行くことができなかった。
その反省をどのように活かすのか注視したいと思っている。
高安関は、直近2場所を9勝、11勝と好成績を挙げているため秋場所で再び勝ち星を2桁に乗せれば、大関取りも視野に入ってくる。
秋場所の出来如何で、大きく相撲人生が変わる可能性がある。
先場所以上の相撲内容を期待したい。


また同じく新関脇で秋場所に臨むことになる宝富士関の相撲にも注目している。ただ、注目する点は高安関の場合とは異なる。
私が注目したいのは、宝富士関が関脇の地位を得るために千秋楽で行った変化は、その場しのぎの勝利なのか、はたまた大きな飛躍に繋がる1勝になるのかという点なのだ。


先場所千秋楽、宝富士関は星一つで追いかけてくる栃煌山関を立ち合い変化で破った。
この勝利で宝藤関は、新関脇の地位を獲得し負けた栃煌山関は小結の地位に留まった。
大きな分岐点となる1番となったが、この相撲は大きな物議を醸した。

解説の北の富士氏からは、変化に味をしめてしまったと真っ向勝負を選択しなかったことを揶揄され、師匠の伊勢ケ浜親方からも、消極的な相撲を叱責されたと伝えられている。
安易に変化を選ばずに、愚直と言える程の実直な相撲を取ってきた宝富士関関だけに、批判は大きかった。
私も来場所の三役格をかけた熱戦を期待していただけに、当初は不満を感じたが、しばらく経つと変化を見せた相撲を違う解釈で捉えるようになった。
つまり、宝富士関は更なる高みを目指す覚悟を決めて、冷静に変化を選んだのでは無いだろうかと。

しかもこの千秋楽の変化には伏線があった。
宝富士関には苦い記憶となっているだろう2015年初場所千秋楽の1番だ。


この場所宝富士関は、幕内筆頭で相撲を取り、千秋楽を7勝7敗の成績で迎えていた。すでに東西の関脇と小結1名が大きく負け越しており、千秋楽で勝利できれば関脇昇格は濃厚と言える状況だった。
対戦相手は番付格下の佐田の海関。横綱鶴竜関を破った勢いそのままに真っ向勝負を選択したが、動きが固くなりまさかの敗戦で負け越しとなった。
この黒星は大きな1敗となり、新三役の地位はご破算となってしまった。


そして皮肉なことに、千秋楽で勝利した弟弟子の照ノ富士関が関脇に昇進することとなった。勝ちの流れに乗った照ノ富士関は夏場所で優勝を経験し一気に大関の地位まで駆け上がって行ったのだった。

一方宝富士関は、敗戦で流れを失ったのか、その後の名古屋場所で新小結となったものの怪我で低迷し前頭8枚目まで番付を落とすことになった。


昇進をかけた大一番の結果が、その後の相撲人生に大きな変化をもたらすことを宝富士関は痛感したことだろう。
そして、決意したはずだ。
次に好機が訪れたら、なりふり構わず勝利を掴みに行くことを。
その結果が、前述した先場所の千秋楽の変化と言うことになるのだろう。


今まで書いてきたことは、推測の域を出ない話だ。
それ故に、来場所の宝富士関の相撲内容で真実を推し量るしかない。

千秋楽の変化は、その場しのぎの勝利を求めた結果だろうか?
それとも、批判されてでも更なる高みを目指す覚悟の行動だったのか?

宝富士関が、土俵上でどのような答えを出してくれるのか、非常に楽しみだ。
願わくば、決然たる覚悟と新しい地位が化学反応を起こし、大きく飛躍してもらいたい。

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

momiji

Author:momiji
相撲に関わる色々なランキングを作成しております。

・相撲ポイント
15日間の幕内力士の相撲を最高点10点最低点0点で採点

6点・・・特筆すべき内容がない勝利
5点・・・特筆すべき内容がない敗北
※不戦勝は6点

カテゴリ欄の「2017年各場所ランキング」から素早く確認できます

スポンサードリンク