記事一覧

2016年名古屋場所各力士を採点してみよう~前頭上位編~



前頭上位。それは横綱大関との取り組みが組まれる番付である。
それゆえ、幕内下位で大勝ちしたとしても対戦相手のレベルが変わるこの位置で好成績をあげることは相当の実力を持たなければ、成し遂げられない。

そんな厳しい地位で戦った力士達はどの様な点数が付くのか?
早速採点してみよう。
 <br>



○前頭筆頭

御嶽海
5勝10敗
6点

前頭下位で10勝、中位で11勝と力を発揮して、いよいよ横綱大関との対戦が組まれる番付での戦いとなったが、結果は横綱大関戦を1勝6敗と上位陣との力の差を見せつけられる結果となった。
しかし、その1勝は復調を見せていた照ノ富士関から挙げている。
その相撲内容も振り回されて終始攻められる苦しい展開だったが、辛抱強く自分有利の体勢になるまで待って勝利しており
丁寧に戦えば、格上相手でも勝ち星を獲得できることがわかり自信に繋がるはずだ。
初の上位挑戦は跳ね返されてしまったが、掴んだ手応えをバネに来場所暴れて欲しいものだ。

 <br>


栃煌山
8勝7敗
5.5点

勢関以外すべて横綱大関戦という厳しい序盤の7日間を、1横綱3大関を破る活躍で乗り切り5勝2敗と好成績で終えた。
ここからさらなる躍進を期待されたが、平幕相手に連敗するなど徐々に調子を落とし、結局8勝7敗という一時の大関候補の成績としては、物足りない結果となった。
先場所も、序盤を6勝1敗と好調だったが直後に4連敗を喫するなど中盤戦以降に調子を落としてしまう状況が続いている。
15日間好調をキープするコンディション作りを心がけて欲しい。

 <br>


○前頭2枚目

隠岐の海
8勝7敗
5.5点

勝ち越しに加え1横綱1大関を倒すなど、一定の評価を与えても良いのかもしれない。
しかし、金星となった日馬富士関との1番は横綱の足が俵にかかって倒れる相手の自滅の様な勝利である。
琴奨菊関も怪我により黒星が続く絶不調の状態だった。
持ち前のスケールの大きい相撲で、もっと上を目指せるはずだ。練習嫌いと聞くが、猛稽古を行って壁を越えて欲しい。
 <br>


宝富士
10勝5敗
7.5点

白鵬関の必勝パターンだった、立ち合いからのかち上げを破り金星を挙げ、優勝争いに一時絡むなど期待以上の活躍を見せた。
終盤で連敗したものの、3役昇進をかけた栃煌山関との千秋楽での1番で変化を選べるなど、賛否は別れるが冷静な取り組みを見せた。
来場所は3役での戦いとなるだろう。今場所以上の充実ぶりを見せて欲しい。

 <br>


○前頭3枚目

大砂嵐
0勝1敗14休

休場のため採点不能
 <br>


妙義龍
7勝8敗
5.5点

鋭い立ち合いと引かれて落ちない足腰の強さは相変わらずだ。稀勢の里関、白鵬関との1番でも、敗れたものの番付が上の相手にあわやというところまで攻め込み勝ってもおかしくない内容だった。
しかし、受けに回るとはたいて呼び込む、土俵際で押し出す際に廻しを引かず万歳をする様に脇が甘い状態で押そうとするなど、3役復帰のために治すべき課題は多くある。

 <br>


○前頭4枚目    

松鳳山
5勝10敗
5点

照ノ富士関という実力者を破り、綱取りで真っ向勝負を求められる稀勢の里関との1番で冷静さを欠いた大関
の状態を見透かし変化する落ち着きと精神的な強さを見せた。
ただ、小さい身体だけに立ち合いでもっと厳しくぶつかれないと3役に定着するような安定した勝利は望めない。日馬富士関の様な鋭い当たりを目指したい。
 <br>


5勝10敗
5点

足の故障で特に後半戦、動きがおかしい相撲が続いた。しかし白鵬関戦、動けないことでむしろ上手く受けにまわり相手を自爆させるなど怪我の功名もあるという不思議な場所となった。
怪我さえ治すことができれば、得意の投げで再び3役復帰も可能だ。
来場所までに怪我を完治させ、調子を上げて本場所に望みたい。

 <br>


前頭上位の採点は以上のようになった。
期待される実力者が多く存在するため、評価は厳しめとなった。

その中で、10勝を挙げて活躍した宝富士関をとくに評価したい。

 <br>


次回は、大相撲の花形3役以上の採点を行いたい。


iPhoneから送信

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

momiji

Author:momiji
相撲に関わる色々なランキングを作成しております。

・相撲ポイント
15日間の幕内力士の相撲を最高点10点最低点0点で採点

6点・・・特筆すべき内容がない勝利
5点・・・特筆すべき内容がない敗北
※不戦勝は6点

カテゴリ欄の「2017年各場所ランキング」から素早く確認できます

スポンサードリンク