記事一覧

2016年名古屋場所各力士を採点してみよう〜前頭下位編〜


日馬富士関の優勝で幕を閉じた2016年名古屋場所。
熱戦を繰り広げた力士達の活躍を採点してみたいと思う。

採点方式は、スポーツ紙のサッカー採点に倣い、
最高評価に10点。最低評価は0点。
その番付に見合った活躍なら6点。
とする。

それでは幕内下位から採点を行ってみよう。


前頭
10枚目

貴ノ岩
12勝3敗
9.5点

今場所最大のサプライズと言って良いのでは無いだろうか?
平幕でありながら1敗差で準優勝という結果は素晴らしかった。
しかも優勝争いというプレッシャーがかかるなか、宝富士関、嘉風関という実力者をねじ伏せ事は特筆に値する。
来場所は上位挑戦の場所となるだろうが、貴乃花部屋初の3役力士誕生を目指して頑張ってほしい。

佐田の海
7勝8敗
5.5点

8日目を終わった時点で6敗2敗と、3場所続いた7勝8敗の成績から解放されたかに思われたが、そこからまさかの6連敗で4場所連続の7勝8敗となった。
序盤戦の積極的な本来の攻めを15日間続けられれば簡単に勝ち越せるはずだ。
来場所こそは、7勝8敗の呪縛から解き放たれたい。


前頭
11枚目

豊ノ島
0勝0敗15休

採点不能。
来場所はおそらく十両で相撲を取ることになるだろう。
持ち前の柔らかい相撲で早く幕内に復帰して欲しい。

大栄翔
5勝10敗
4.5点

先場所に引き続き負け越しとなってしまった。
春場所で10勝を挙げた突き押しはすっかり色褪せて勢いを失ってしまっている。
追手風部屋3羽ガラス(遠藤関、大翔丸関、大栄翔関)の最年少として土俵を盛り上げて欲しい。


前頭
12枚目

玉鷲
9勝6敗
6.5点

2場所振りの勝ち越しを決めたが、前頭上位に上がると勝てなくなるのがこの人のパターンである。
番付を上げた来場所で勝ち越すことができるか注目したい

徳勝龍
6勝9敗
5点

重そうな身体の割りには、素早く動ける。
突き押しが得意かと思えば、四つにも組める。
器用な力士なのは認めるが、これと言った形が無いため印象に残らない。
木瀬部屋は若手力士が多いため、是非指標となるべく活躍して欲しい。


前頭
13枚目

豊響
7勝8敗
5.5点

相変わらず立ち合いからのぶちかましは破壊力十分だ。しかし、年齢によるものなのか相手に簡単にはたかれるケースが増えている。
前頭13枚目での負け越しとなり、来場所は幕内残留に向けさらに厳しい番付での戦いが予想される。
平成の猛牛の異名の由来となった、勢いのある突き押し相撲でまだまだファンを湧かせて欲しい

安美錦
0勝0敗15休
7.5点

休場のため、相撲内容は評価できないが、宝富士関を遠隔操作で近況を語らせるなど、場所を盛り上げてくれた。さすが、エンターテイナーである。7.5点付けさせて頂きます!


前頭
14枚目

7勝8敗
6点
再入幕を果たした今場所だったが、前回同様勝ち越すことができなかった。
しかし持ち前の突き押し相撲が幕内力士にも通用し始め、7勝を挙げた事は力を付けたことを証明している。
来場所も幕内に留まれる可能性を残しているが、
その四股名に相応しい好成績を来場所は期待したい。

錦木
9勝6敗

7点
今場所は初日から3連敗するなどやはり幕内での相撲はまだ荷が重いかと思わせたが、安定感のある足腰で幕内での初の勝ち越しとなる9勝を挙げた。
部屋の由緒ある四股名を受け継ぐだけに、期待に応えて番付を上げて行きたい。


前頭
15枚目

北磻磨
6勝9敗
5.5点

30歳にして新入幕という遅咲きの苦労人の勝ち越しを応援していたが、力及ばず6勝で今場所を終えた。
ただ、千秋楽で幕内の常連蒼国来関に善戦するなど、決して自分の相撲が通用しなかったわけではない。
勝ち星を考えると、十両陥落は免れなさそうだが諦めず再入幕して、幕内での勝ち越しを目指して欲しい。

佐田の富士
4勝11敗
3.5点

190cm200kgという相撲取りとして恵まれた体型だが、その大きな身体の優位性に依存する取り口で、上手く体重が乗った突き押しが決まれば勝てるが、そうで無い場合は小兵力士にもあっさり負けてしまっている。
せっかくの身体を持て余しているのが残念でならない。
評価は厳し目の3.5とさせてもらった。
十両陥落の来場所を、自分の相撲を見直すいい機会にして欲しい。


前頭
16枚目

荒鷲
9勝6敗
7点

初日からの4連勝の勢いを維持して、9勝の好成績を挙げた。
ただ、幕内中位でくすぶり、上位になかなか上がっていけないのは、確固とした形が無いことに原因がある。
来場所の勝ち越しを目指して、自分の形を是非見出して欲しい。




幕尻〜前頭10枚目までの採点をしてみたが、いかがだっただろうか?

優勝争いを演じた貴ノ岩関が最高評価は間違いないだろう。
そして、土俵にでなくても抜群の存在感を見せる安美錦関を評価したい。

錦木関や輝関といった新しい力士達の躍動も今場所の特徴だろう。

次回は前頭中位の採点に移りたいと思う。
どんな点数を付けられるのか楽しみだ。

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

momiji

Author:momiji
相撲に関わる色々なランキングを作成しております。

・相撲ポイント
15日間の幕内力士の相撲を最高点10点最低点0点で採点

6点・・・特筆すべき内容がない勝利
5点・・・特筆すべき内容がない敗北
※不戦勝は6点

カテゴリ欄の「2017年各場所ランキング」から素早く確認できます

スポンサードリンク