記事一覧

激戦が続く名古屋場所。注目の白鵬関、稀勢の里関は、12日目に将来を担う逸材との対戦が待っている

名古屋場所は早くも終盤戦を迎えているが、
優勝候補であった、白鵬関と稀勢の里関は盤石とは言えないものの白星を積み重ね
2敗で首位をキープしている。
 <br>


11日目の稀勢の里関は、
前日変化を喰らいばったりと前のめりで倒れいいところがなかっただけに
悪い流れを引きずってしまうのではないかと懸念していたが、
立ち合いからうまく左を差しこむと土俵際まで押し込む攻めを見せることができた。

そのまま勝負を決められず、勢関の反撃を許してしまうため、絶好調の太鼓判を押すことができないが
連敗して崩れてしまう以前の脆さを抑え込めたところを評価すべきなのだろう。

 <br>


優勝候補筆頭である白鵬関は、着実に力をつけた新関脇魁聖関が相手となったが
立ち合いで相手に上手を許す展開になりながら、すぐに攻め返し相手の反撃も許さない万全の寄りで
勝利を収めた。
勝負どころで決め切れる詰めは相変わらずで、安定感に欠ける相撲が顔を覗かせる稀勢の里関よりも
優勝に近いと感じた。
 <br>


他にも、同じく2敗の日馬富士関は逸ノ城関を立ち合いから抜群の俊敏性を見せ難敵をあっさりと退け、
首位生き残りをかけた宝富士関と高安関の対戦は、高安関の積極的な相撲に軍配が上がった。

さて、首位が4人となり迎える12日目だが
注目される白鵬関と稀勢の里は、それぞれ照ノ富士関と正代関という若手注目株との面白い対戦となる。
 <br>



照ノ富士関は、素早い嘉風関を警戒したのか変化で勝利を収めるなど決して万全とはいえない状態だ。
白鵬関相手に変化を見せるという展開も星を拾うために、してはいけない選択ではないが
やはり将来を担う逸材らしく真正面からぶつかってほしい。

白鵬関も、前日に変化した照ノ富士関が相手だけに、立ち合いを多少なりとも受けに回り様子を見るだろう
そこで、稀勢の里関との一番で見せたような力を立ち合いから見せれば勝機がないわけではない。

自身のカド番脱出のためにも負けられない一戦でどのような相撲を見せるか楽しみだ。

 <br>


一方、優勝に向け視界良好とは言えない稀勢の里関は、正代関との一番となる。

正代関は、大関豪栄道関を、立ち合いの張り手を受けながら素早く右上手を掴み一気に振り回し一方的に勝利し
着実に力をつけてきた事を証明して見せた。

左四つの稀勢の里関とは喧嘩四つとなるだけに、どちらが自分有利な差し身になれるかが勝敗を分けそうだ。
優勝に向け若手に力を見せつけるのか、それとも登り調子の若手の勢いが優勝候補を飲み込むのか 非常に楽しみな一番になりそうだ。
 <br>



12日目も夏の暑さに負けない好取り組みを期待したい。

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

momiji

Author:momiji
相撲に関わる色々なランキングを作成しております。

・相撲ポイント
15日間の幕内力士の相撲を最高点10点最低点0点で採点

6点・・・特筆すべき内容がない勝利
5点・・・特筆すべき内容がない敗北
※不戦勝は6点

カテゴリ欄の「2017年各場所ランキング」から素早く確認できます

スポンサードリンク