記事一覧

〜2015秋場所〜13日目ランキング発表




さあ、13日目。
本日の注目の一番は、何と言っても
照ノ富士関-稀勢の里関の一番でしょう!
結果は如何に?
それではランキングに参りましょう。




【2015秋場所13日目ランキング】
7点:嘉風
6点:朝赤龍・栃ノ心
5点:北大樹
4点:琴勇輝・旭秀鵬・逸ノ城・隠岐の海・妙義龍・稀勢の里・琴奨菊
3点:荒鷲・英乃海・豪風・遠藤・千代大龍・徳勝龍・碧山・栃煌山・鶴竜
0点:貴ノ岩・大栄翔・青狼・誉富士・時天空・臥牙丸・千代鳳・蒼国来・阿夢露・魁聖・大砂嵐・豊ノ島・鏡桜・佐田の富士・佐田の海・安美錦・勢・玉鷲・豪栄道・宝富士・照ノ富士



【番外編】
3点:貴乃花親方
2点:大島親方(元旭天鵬)
1点:黒澤さん(序ノ口優勝者)・桑子アナウンサー(5時のニュース)





一位はこの人、
嘉風関。
この人は、本当に気合が入ったいい相撲を見せてくれます。豊ノ島関の突き落としを足を取ってしのぎ、
そのまま持っていく身体のキレも抜群です。敢闘点プラス特別点で4点追加ー‼

2位、杤ノ心関。
初の三役勝ち越しおめでとうございます!
「ほんとによかったー」とインタビューに答える姿、
幕下まで落ちたことを考えると本当に感慨深いものがあるのでしょう。
感動しました‼素晴らしい相撲内容と合わせて、プラス3点差し上げます。

同点で、朝赤龍関、
誉富士関の絶え間ないつっぱりにも怯まず前に出て勝利を掴みました!
勝ち越しを目指す姿勢に敢闘点を差し上げます!



3位は北大樹関。
立ち合い合わずに、繰り返すこと3回。
しかも3度全て頭でしっかり当たる姿勢は素晴らしいです!
土俵を下がった際、頭を気にする素振りもグッときました!やっぱり痛いんですね!プラス2点!




他1点特別点のみなさんです。

旭秀鵬関、
立ち合い一発で蒼国来関を持っていく会心の相撲でした。1点追加。


琴勇輝関。
巨体の魁聖関を、立ち合いから休まずの突き押しで土俵外まで持っていき勝利。
会心の相撲に1点差し上げます!



逸ノ城関。
1分を超える長い相撲を制しての勝利。途中大砂嵐関の巻きかえに対し、
素早く巻きかえを返して攻め込むなど技術的にも素晴らしかったです。1点。



隠岐の海関。
玉鷲関の強力な突きを、土俵際でうまくしのいでの勝利。
この人のしのぎ相撲は一見の価値があります。プラス1点。



妙義龍関。
鋭い踏み込みと低い攻め本来の相撲が見られました!プラス1点。

琴奨菊関。
素晴らしい馬力でそのまま佐田の海関を持っていく万全の相撲でした。プラス1点!

稀勢の里関。
照ノ富士関との大一番を制して今場所をさらに面白くしてくれました。プラス1点。




番外編ランキング詳細です。




大島親方
警備の仕事がありながらも旭秀鵬関の相撲を見に行って、
最後はすれ違いざまに拳を合わせるおおらかさ(笑)ほっこりしました、プラス2点!
警備の仕事もよろしくです~。

貴乃花親方
「勝つためには相手だけでなく、もう一人の自分(プレッシャーやモチベーション)ともうまく付き合わなくてはいけない。」
「(鶴竜関に対し)横綱と思って相撲を取っていては勝てない。」
うーん、さすが大横綱!言葉に重みがあります。勉強になりました。プラス3点です。

黒澤さん
序ノ口優勝おめでとうございますー。イケメンっすね!
このまま関取を目指して頑張ってください!プラス1点

桑子アナウンサー(5時のニュース)
今日もやっぱり可愛いですー。プラス1点‼





以上、ランキングの詳細でした。

それでは今場所の総合ランキングです。


【2015秋場所総合ランキング】
17点:嘉風
16点:栃ノ心
14点:北大樹
12点:稀勢の里・栃煌山
11点:誉富士
10点:旭秀鵬・逸ノ城・大砂嵐・碧山・鶴竜
9点:朝赤龍
8点:琴勇輝
7点:貴ノ岩・英乃海・臥牙丸・豊ノ島・隠岐の海・安美錦・豪栄道・琴奨菊
6点:豪風・遠藤
5点:青狼
4点:阿夢露・鏡桜・妙義龍・照ノ富士
3点:荒鷲・大栄翔・千代大龍・魁聖・徳勝龍・佐田の海・勢
2点:蒼国来
1点:時天空・千代鳳・宝富士・玉鷲
0点:佐田の富士





本日得点を重ねた嘉風関、栃ノ心関が上位につけていますー。
千秋楽までどうなるか目が離せません。

1敗力士がいなくなり、今場所の賜杯の行方がわからなくなってきました。
照ノ富士関の怪我の具合は大丈夫でしょうか?
個人的には、明日ぜひ佐田の富士関の今場所初白星を見たいです!

それでは、また明日〜。

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

momiji

Author:momiji
相撲に関わる色々なランキングを作成しております。

・相撲ポイント
15日間の幕内力士の相撲を最高点10点最低点0点で採点

6点・・・特筆すべき内容がない勝利
5点・・・特筆すべき内容がない敗北
※不戦勝は6点

カテゴリ欄の「2017年各場所ランキング」から素早く確認できます

スポンサードリンク