記事一覧

完全にスイッチの入った白鵬関。琴奨菊関は綱取りを期待するファンのために一矢報いることができるだろうか?~2016年春場所13日目~

今場所も14日目を迎えた。
     <br>



白鵬関が、優勝を目指していた稀勢の里関、豪栄道関らを退け優勝争いのトップとなっている。

ここ数場所は、後半戦になると息切れを起こし負けが重なっていたが
今場所は後半戦に入っても、並外れた集中力で相手を圧倒する本来の横綱の相撲を見せている。
このまま一気に勝ち進んで行く気配すら感じるが、本日対戦が組まれた琴奨菊関はどのような相撲を見せるだろうか?

 <br>



琴奨菊関は今場所綱取りを目指していた。
序盤戦で一敗を喫したが、先場所からの好調をキープしており
もしかするかも知れないと思わせてくれていた。

ただ、稀勢の里関に変化で敗れると完全に歯車が狂ってしまったようで、
立ち合いで相手が動いて来ることを警戒するようになり、鋭く馬力のある当たりで
相手を一気に押し込む相撲は影を潜めてしまった。

13日目の日馬富士関との一番でも、簡単に出足を止められた上無様に転がされてしまった。
このままでは、怒濤の勢いを見せる白鵬関に抗う術はないように思えるが、
勝つ可能性があるとしたら、二つの展開が考えられる。

 <br>


ひとつは変化することだ。

白鵬関相手に変化する力士は、ほとんど見たことがない。
あまり見たくない展開ではあるが、
立ち合いでの激しいぶつかりを売りにする琴奨菊関だけに最も勝ちを高める
戦略であることは間違いない。

もうひとつは立ち合いで当たり勝てた場合だ。
ここ3日関で、白鵬関は鋭い出足で完全に立ち合いから優位に立ち一方的な
相撲を披露している。

もし琴奨菊関が、今場所の中盤戦までに見せてくれた馬力のある立ち合いを見せて
相手の体勢を少しでも崩せれば勝機は十分にある。

 <br>



横綱は勢いに乗っているだけに、あえて変化はしてこないだろう。
持てる力を全て出してぶつかっていけばよいのだ。

今場所期待してくれたファンを裏切ってしまっただけに、
一矢報いる相撲内容を期待したい。
約一時間後にどんな結果が待っているか、楽しみだ。

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

momiji

Author:momiji
相撲に関わる色々なランキングを作成しております。

・相撲ポイント
15日間の幕内力士の相撲を最高点10点最低点0点で採点

6点・・・特筆すべき内容がない勝利
5点・・・特筆すべき内容がない敗北
※不戦勝は6点

カテゴリ欄の「2017年各場所ランキング」から素早く確認できます

スポンサードリンク