記事一覧

今場所の最高の相撲が出た白鵬関。 大関戦変化のツケがきた稀勢の里関。〜2016年春場所11日目〜


今場所最大と言って良い大一番は、一方的な相撲で決着が着いた。

白鵬関が今場所最高の相撲で稀勢の里関を優勝争いトップから引きずり落とした。

右からのかち上げは、今場所お馴染みの取り口だったが、出足からの勢いは今場所見たことがない鋭さだった。

さすが横綱白鵬関と唸るしかない内容だった。


対する稀勢の里関だが、何度も目にした勝負弱い姿だった。

時間前の仕切りの時点で緊張しているのが、TVを通しても伝わり
一度目の仕切りで立てなかったのも、白鵬関がどう出てくるか測りかね、迷って手が着けなかったように見受けられた。

結局、大事に相撲を取ろうと左を差すことに注力した立ち合いになってしまい、当たり負けから劣勢を挽回できず敗れてしまった。

今場所見せている、馬力のある出足でぶつかれていたら結果はどう転んだかわからなかっただけに残念だ。


横綱の相撲は素晴らしかった。ただ、敗因は他にあると考える。

それは、稀勢の里関が今場所取ってきた相撲を出せなかったこと。言い換えれば、自分を信じて相撲を取れなかったということだ。

稀勢の里関を相手にすると、白鵬関はいつも以上に集中して勝ちにくる相撲を見せる。

そんな相手に勝つには、絶対に勝てるという揺らがない自信を持ってぶつかっていかなくてはならない。

先場所の琴奨菊関がそうだったように。

それを考えると、結果論になってしまうが、琴奨菊関との大関対決で変化したツケが回ってきたと言わざる負えない。


あの1番で、賢明な相撲で勝利を得たが、綱取りをかけ勢いに乗る琴奨菊関を力でねじ伏せることでしか得られない
絶対的な自信を手にすることができなかったのだ。

ただ、まだ今場所は終わっていない。このまま全勝で行けば再び白鵬関との優勝決定戦を迎えることが出来るのだ。

そのためには、まず今日勝たなくてはならない。
気持ちを切り替えて、日馬富士関との1番に臨んで欲しい。

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

momiji

Author:momiji
相撲に関わる色々なランキングを作成しております。

・相撲ポイント
15日間の幕内力士の相撲を最高点10点最低点0点で採点

6点・・・特筆すべき内容がない勝利
5点・・・特筆すべき内容がない敗北
※不戦勝は6点

カテゴリ欄の「2017年各場所ランキング」から素早く確認できます

スポンサードリンク