記事一覧

里山関の相撲が熱い。幕内最高優勝には絡まない力士たちの戦い 〜2016年春場所6日目〜


6日目を終えて、優勝を目指す力士たちも振るいにかけられてきた。

今場所最も注目されている、
綱取りを目指す琴奨菊関は、前日の敗北を払拭する内容で勝利し、
1敗を守った。
注目される琴奨菊関の影で、稀勢の里関も調子がいい。
6日を全勝で終えている。
しかも内容もよく、危ない相撲はほとんどない。
このままの調子を維持してもらいたい。

一方、痛い2敗目を喫した力士もいる。
照ノ富士関が、今場所好調の琴勇輝関の勢いに飲まれ黒星となった。

また横綱日馬富士関も、嘉風関のいなしに耐えきれず土を付けられた。

どちらも怪我の影響で好調時の相撲が取れていない状態。
優勝争いに踏みとどまれるか注目したい。


さて、連日上位陣が賜杯を目指して熱戦を繰り広げているが、
十両、幕内下位の力士達も
己のステージで全力の相撲を取り続けている。


その中で、里山関を取り上げたい。

里山関は、現在前頭16枚目。ほぼ幕尻の力士である。

小さい身体を活かして、立ち合いから地面に付くのではないかと思われる低い姿勢で
素早く懐に潜り込み、足技や投げで相手を崩し倒すのが基本スタイルだが、
その小さい身体故に、相手のパワーを何とか凌いで、食らいついて戦わなくてはならない。
いわば、諦めない相撲、忍耐の相撲だ。

その相撲が結実した一番が、6日目の徳勝龍関との一番だ。

懐に潜り込むものの、相手のパワーで四つに組まされてしまう。
ジリジリと土俵際に追い込まれ、押し出されかけるが
円の動きで瀬戸際で凌ぎ
最後は持ち前の反応の良さで相手の腕を取って逆転勝利を収めた。


何度も敗北の危機を迎えながらも、諦めず立ち向かう姿は
本当に胸が熱くさせられる。

今場所は、まだ2勝だが
諦めない相撲で、ぜひ初の幕内での勝ち越しを目指して欲しい。

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

momiji

Author:momiji
相撲に関わる色々なランキングを作成しております。

・相撲ポイント
15日間の幕内力士の相撲を最高点10点最低点0点で採点

6点・・・特筆すべき内容がない勝利
5点・・・特筆すべき内容がない敗北
※不戦勝は6点

カテゴリ欄の「2017年各場所ランキング」から素早く確認できます

スポンサードリンク