記事一覧

萎縮し何もできなかった御嶽海関。決勝で両横綱が見せた貪欲さを見習って欲しい。



先日行われた大相撲トーナメントは、
本場所では見られない力士たちの表情を見ることができ
非常に面白かった。

ただ、その日見せた相撲にどうしても不満が残る力士がいる。
御嶽海関である。

白鵬関との初対戦となった相撲ははっきり言って
横綱の胸を借りた、ただのぶつかり稽古に過ぎなかった。
一番の武器である突き押しを見せるでもなく
ただ漫然と四つに組んで投げられただけ。
四つに組んでしまうと力が出せず、同格の幕内下位力士が相手でも
破れることがしばしばあるにも関わらずだ。

どう立ち合い、どう攻めれば勝機を見出せるかと言う
戦術がまるで見られなかったことが残念でならない。

「白鵬関のオーラがすごくて、びびってしまった」「対戦できて超嬉しい」
これはニュースサイトに上がっている、取り組み後の御嶽海関のコメントである。
このコメントをそのまま受け取るなら、
勝つために最善を尽くした相撲ができたとは言い難い。
ただ、御嶽海関の気持ちがわからないわけではない。
すでに角界の生きる伝説となっている、
大横綱白鵬関との初挑戦となれば萎縮しても無理はない話である。
また、トーナメント戦はいわゆる花相撲であり、
本場所のような真剣勝負ではなく来場所に悪影響を及ぼすような
怪我をさせないよう
うまく力を抜くことがある程度前提となっている。
稽古の延長のような相撲になっても
仕方が無いだろう。


しかし、これが横綱に駆け上がって行ったモンゴル出身力士たちの若手の頃であったらどのような相撲を見せただろうか?
日馬富士関ならば、闘志を前面に出しただろう。
白鵬関であったら、勝つために自分の引き出しを全て出して最善の相撲を取っただろう。
また、例えば元横綱朝青龍であれば、遠慮なく横綱相手に喉輪を食らわせただろう。
全員が、勝つために可能な限り貪欲になっていたと推察できる。

実際に、トーナメント決勝は横綱決戦と言うこともあったが
日馬富士関と白鵬関はお互いが現状だしうる力の限りを尽くした相撲を見せてくれた。
この日の御嶽海関には、勝利へのこだわり、貪欲さが欠けていた。

これは日本出身力士全般に欠けている部分になるのだが。。。


横綱と本場所さながらの舞台で戦える機会などそう無いことだ。
今回は残念ながら、その貴重なチャンスを
横綱との差を測る以前の顔見せ程度の取り組みになってしまったが、
それでも肌を合わせて土俵で戦ったことは大きな経験になったことだろう。
この経験を糧に、来場所はさらなる活躍を見せて
角界を今後担っていく逸材である事をさらに実証してもらいたい。


スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

momiji

Author:momiji
相撲に関わる色々なランキングを作成しております。

・相撲ポイント
15日間の幕内力士の相撲を最高点10点最低点0点で採点

6点・・・特筆すべき内容がない勝利
5点・・・特筆すべき内容がない敗北
※不戦勝は6点

カテゴリ欄の「2017年各場所ランキング」から素早く確認できます

スポンサードリンク