記事一覧

大相撲トーナメント優勝で、春場所に弾みをつけた白鵬関。その陰で、いいところなく終わった豪栄道関が気にかかる。

2/7に行われた、第40回大相撲トーナメント。
OB戦など、本場所とは違う和やかさに加え
関取衆も調整段階と言うこともありピリピリとした緊張感はなかったものの随所に見るべきものがあった。


初場所で、らしく無い相撲を見せた白鵬関だったが
この日は、終始リラックスムード。
控えに下がる稀勢の里関にちょっかいをかけるほどだったが、
しっかり日馬富士関との決勝を制し優勝を果たした。


ただ、
相撲内容は決して盤石とは言えなかった。
旭秀鵬関にまわしを許した状態で強引な投げを打ったり、
栃煌山関に相変わらず奇襲気味の立合いを見せたりと
本場所であれば、星を落としかねない場面も見られた。

それでも、呼び戻しで御嶽海関を破り
琴奨菊関の当たりを上手く受け流す技術は
さすがは第一人者と言ったところ。
史上初の4回目の優勝と言うことで、春場所へいい弾みになった事だろう。


他にも初場所を制した琴奨菊関。
来場所の優勝を目指す稀勢の里関、日馬富士関などは
非常に調子が良さそうに見えた。
そんな中、初戦でいいところなく敗れた
豪栄道関の状態は深刻のようだ。


調整段階だと言うことを考えても、
土俵際での粘りや柔らかさに定評があり
立合いが強烈とはいいかねる豊ノ島関に完全に当たり負けし
全く挽回出来ず敗北してしまった。

怪我なのか精神的なものなのか?
とにかく
昨年から続く、悪い流れを変えるのは容易なことではないと思われる。
このまま状態が上がらなければ勝ち越しは難しいだろう。
その場合大関から陥落し、関脇からの再挑戦と言うことになるが、
今の豪栄道関が、もう一度大関の地位に返り咲く姿を想像出来ない。

大関の地位を守るためにも、
是が非でも最低8番は勝って欲しいものである。


なによりも、白鵬関から殺気を感じると評された闘志を前面に出して
春場所は溌剌としたとした相撲を見せてくれることを期待したい。



スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

momiji

Author:momiji
相撲に関わる色々なランキングを作成しております。

・相撲ポイント
15日間の幕内力士の相撲を最高点10点最低点0点で採点

6点・・・特筆すべき内容がない勝利
5点・・・特筆すべき内容がない敗北
※不戦勝は6点

カテゴリ欄の「2017年各場所ランキング」から素早く確認できます

スポンサードリンク