記事一覧

不甲斐ない闘いが大関の価値を下げている。豪栄道関の巻き返しに期待したい。2016年初場所7日目


7日目、上位陣に大きな波乱はありませんでしたが、
高安関が隠岐の海関に敗れ全勝力士が2人となりました。

 <br>


高安関は、下位力士との対戦が続き、星を伸ばしていましたが
実力者との対戦でもこの成績を維持できるか?
本日の琴勇輝関との一番に注目ですね。
 <br>



そんな中、遠藤関が足首の捻挫で休場となりました。
今場所は、1勝しか挙げられなかったので、十両陥落は免れそうに無いですが
怪我を治す事が先決です。
膝の怪我は特に深刻なので、もし回復が思わしくないようなら
来場所を休場してでも完治させてから
復帰して欲しいですね。
ごまかしながら相撲を取るのは、もう限界でしょう。
 <br>



さて、上位陣に波乱は無かったと書き進めてしまいましたが
唯一大関豪栄道関が黒星を喫しました。
 <br>


それも、松鳳山関に立ち合いから一方的に張られて土俵際まで後退して
苦し紛れの投げを打つのが精一杯という一方的な内容でした。
土俵際で見せた網打ちは、他の力士にはない
反射神経と投げの鋭さでさすがと思いますが、完敗という結果に変わりありません。
しかもこの一番以外も、負けた相撲はほとんど何もできていないという状況です。

現在4勝3敗と白星が先行していますが、不戦勝が一つあり
また、碧山関との一番も勝ちはしましたが一方的に突き押され
負けてもおかしくない内容でした。
中盤戦に入っても調子が上がっているように見えませんので
このままだと今場所も、勝ち越しがやっとという成績に終わってしまいそうです。
 
<br>


今場所の豪栄道関は、
怪我が完治していない影響もあるのか、どうも相撲に迷いがあると
感じてなりません。
それは、立ち合いを上手く合わせられない場面が多いことでも推察できます。
状態に不安があるため、せめて自分の呼吸で立ちたいという
余裕のない心理状態なのだろうと。



大関は本来優勝を争うことが望まれる地位ですが、
豪栄道関は地位に見合った相撲を見せられていません。
それは、大関の価値を下げる事に繋がります。
ぜひ、残りの相撲はしっかりと大関らしい相撲を見せてもらいたいですね。
 <br>


さて、豪栄道関は白星を挙げられるか?
8日目の相撲に期待しましょう!

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

momiji

Author:momiji
相撲に関わる色々なランキングを作成しております。

・相撲ポイント
15日間の幕内力士の相撲を最高点10点最低点0点で採点

6点・・・特筆すべき内容がない勝利
5点・・・特筆すべき内容がない敗北
※不戦勝は6点

カテゴリ欄の「2017年各場所ランキング」から素早く確認できます

スポンサードリンク