記事一覧

明暗別れた新鋭と人気者。横綱を裏返した松鳳山関。2016初場所2日目


本日2日目は、投票やクイズを行う通常時とは違うTV中継となりましたが、投票者数が12万を超える活況振りでした。今後も趣向を凝らしたTV中継をお願いしたいですね。


さて相撲内容に目を向けると、注目したいのは御嶽海関と遠藤関の一番です。
今後の躍進が期待される二人の取り組みですから、熱戦を期待していましたが、結果は呆気ないほどあっさり御嶽海関の勝利となりました。しかも遠藤関は喉輪を食らって、背中からべったり落ちる惨敗です。
痛めた膝で無理ができないのでしょう。怪我の深刻さは、本来着けないテーピングを着けていることでも推測できます。中継時にツイッターに
「休場してでも、怪我を治すべき」
という意見が挙がっていましたが、私も賛成です。
明日以降も、膝をかばって敗れる相撲が続く様なら、休場して怪我の治療に専念し本来の鮮やかな立ち回りを見せて欲しいです。


変わって、こちらは殊勲の一勝。松鳳山関が、日馬富士関を逆転の投げで破りました。
2013年夏場所での初金星の際は、土俵上で涙する場面が印象的でしたが、今回は泰然と勝ち名乗りを受けていました。
立ち合いでしっかり踏み込んで相手の出足を止め、攻め込まれるも投げを打つ本人も納得の勝利だったのでしょう。インタビュールームでの充実した表情をしていましたので、明日の白鵬関戦での活躍を期待したいですね。


他にも、初日黒星でどうなるかと思われた稀勢の里関が難敵栃煌山関を破り、大関取りを目指す嘉風関が巨漢の碧山関を破るなど、期待される力士が勝利を収めました。


さて3日目はどのような相撲が見られるのか?遠藤関は、らしい相撲を見せられるのか?初場所3日目を楽しみに待ちましょう!

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

momiji

Author:momiji
相撲に関わる色々なランキングを作成しております。

・相撲ポイント
15日間の幕内力士の相撲を最高点10点最低点0点で採点

6点・・・特筆すべき内容がない勝利
5点・・・特筆すべき内容がない敗北
※不戦勝は6点

カテゴリ欄の「2017年各場所ランキング」から素早く確認できます

スポンサードリンク