記事一覧

対応力が勝敗を分ける。稀勢の里関と横綱を分けるもの。2016初場所初日


とうとう始まった2016年初場所。初日は展覧相撲となりました。


しかし、そんな晴れの舞台で初優勝を目指す稀勢の里関が不甲斐ない姿を披露してしまいました。取り直しの一番の末、安美錦関の変化に屈し痛い初日黒星となったのです。


初日で本場所の感覚が戻っていないとはいえ、曲者安美錦関に対し警戒が足りなかった。
解説陣からも、「変化は頭に入れていなければいけない。頭から勢い良くぶつからなくても...」
と苦言を呈されていました。おそらく最初の一番は負けに等しい内容だったので、さらに立ち合いでしっかり当たろうとしたのではと思われるのですが、冷静に相撲を取るべきでしょう。


冷静さを欠いていたことも気になりますが、この一番で露わになったのは、やはり稀勢の里関には、不利な状況に対応する力が足りないということでしょう。
体勢を崩した後、突き押しを喰らっていましたが、稀勢の里関の身体があれば腰を落として受け止めれば、なんとかこらえられたのでは?
三横綱だったら不利な状況から何か挽回できたと考えられます。少なくとも、あんなにまともに相手の攻めを食らい尻餅を付くことないでしょう。

実際白鵬関は、勢関相手に苦しい相撲でしたが相手の攻めになんとか対応して勝利を手にしました。
この対応力を身につけなければ、稀勢の里関が賜杯を掲げることは難しいでしょう。


ただ、大事なのはこの先どう相撲を取っていくかでしょう。
このまま、先場所終盤の様に連敗を重ねる様なら今場所の優勝は不可能ということになります。
初日黒星という不利な状況にどう対応して2日目に臨むのか?

稀勢の里の二日目の相撲に注目しましょう。

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

momiji

Author:momiji
相撲に関わる色々なランキングを作成しております。

・相撲ポイント
15日間の幕内力士の相撲を最高点10点最低点0点で採点

6点・・・特筆すべき内容がない勝利
5点・・・特筆すべき内容がない敗北
※不戦勝は6点

カテゴリ欄の「2017年各場所ランキング」から素早く確認できます

スポンサードリンク