記事一覧

2017年九州場所14日目 たぶん幕内最速採点 白鵬14日目で優勝決定!



九州場所は、14日目。

2敗力士が全て敗れ、白鵬が結びの一番で圧勝したことで千秋楽を待たずに優勝が決定した。
勝負所で力を見せるところがさすが白鵬といったところだろう。

この日は隠岐の海を鋭い突き押しからのはたきで破った玉鷲や
格上の嘉風を落ち着いて攻めきった逸ノ城などが光った。

さて、採点に移ってみよう。

■九州場所13日目 幕内最速採点


●竜電:
○大奄美:6

大奄美が立ち合いから、左四つの形を作り右上手を引いて
前廻しを引いて残す竜電を寄り切った。


●碧山:4.5
○錦木:6

錦木が、碧山を一気に押し出した。
碧山は戦える状態ではなく下がるのみだった。


○琴勇輝:6.5
●朝乃山:4.5

琴勇輝が一気の突き押しで、朝乃山を電車道で一気に土俵外に押し出した。
朝乃山は全く抵抗できなかった。


●魁聖:5.5
○勢:6.5

魁聖が、右四つ左上手の力が出る形に持ち込み土俵際まで勢を追い詰めたが
勢が土俵際で逆転の突き落としを見せた。
勢は苦手魁聖を破り嬉しい勝ち越し。


○豪風:6.5
●大栄翔:5

諸手付きで立ち合う大栄翔を豪風が下から突き上げて前に出る。
一旦動きが止まったが、積極的に前にでた豪風がそのまま大栄翔を押し出した。
豪風は7敗から4連勝。


●安美錦:5
○千代丸:6

千代丸の突き押しの圧力が安美錦を圧倒。
安美錦は土俵を伝って活路を見出そうとするが、千代丸の攻めは厳しく土俵を割ってしまった。


●妙義竜:不戦敗
○正代:6


●輝:5
○栃ノ心:6

栃ノ心が、立ち合いからかち上げで攻め込むと右をうまく差し込んで
突き起こそうとする輝を寄り切った。


○千代大龍:5.5(変)
●大翔丸:5

千代大龍は、時折見せる変化大翔丸を簡単に叩き込んだ。
大翔丸は変化を想定していなかったか、右に動いた相手についていけなかった。


○千代の国:6
●栃煌山:5

立ち合い両者互角だったが、千代の国が、左のおっつけで栃煌山の動きを封じ
そこから突き起こして土俵外に押し出した。
栃煌山は相手の激しい張り手に主導権を握れなかった。


○玉鷲:6.5
●隠岐の海:4.5

優勝争いがかかる一番で、隠岐の海が固かった。
玉鷲の厳しい喉輪からのはたき込みに足がついていかなかった。
玉鷲の喉輪は非常に良かった。


●千代翔馬:5
○貴景勝:6

貴景勝が低い当たりで、鋭い立ち合いを見せた。
千代翔馬が外掛けを仕掛けて反撃するが、左からの鋭いすくい投げで
貴景勝が勝利した。


○琴奨菊:6.5
●松鳳山:5.5

ご当所対決となったこの一番。
松鳳山が、立ち合いから素晴らしい出足で琴奨菊を土俵際まで追い詰める。
そこから、松鳳山が下がりながらのすくい投げで大きく琴奨菊が振られるがなんとか堪えると
そこから琴奨菊が一気のがぶりで松鳳山を寄り切った。
非常に見応えのある一番となった。


●北勝富士:5
○阿武咲:6

立ち合い互角だったが、阿武咲が引きを見せたところを北勝富士が突き押しで前に出て
勝負ありかと思われた。
しかし、阿武咲がうまく相手の突き押しをかわすと逆に突き返し北勝富士を押し出した。
北勝富士は痛い3敗目を喫した。


○逸ノ城:6.5
●嘉風:5

嘉風がうまく逸ノ城に四つに組ませずに戦おうとするが、逸ノ城の重さとは相性が悪い。
相手の突き押しに堪えきれず土俵を割った。
逸ノ城は嘉風の動きに冷静について行った。


○御嶽海:6.5
●荒鷲:5

御嶽海が鋭い立ち合いから、一気の出足で荒鷲を土俵外に持って行った。
荒鷲は、下がるだけだった。


○豪栄道:6
●宝富士:5

豪栄道が、立ち合いから低く当たり宝富士の左差しを許さず送り出した。
宝富士は、豪栄道のうまい攻めに防戦一方だった。


●遠藤:4.5
○白鵬:6.5

白鵬は、厳しいかちあげで遠藤を後退させ喉輪で勝負を決めた。
遠藤は、白鵬の厳しい攻めに全く勝負にならなかった。


■14日目までの採点合計

2017九州場所初日相撲内容採点14

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

momiji

Author:momiji
相撲に関わる色々なランキングを作成しております。

・相撲ポイント
15日間の幕内力士の相撲を最高点10点最低点0点で採点

6点・・・特筆すべき内容がない勝利
5点・・・特筆すべき内容がない敗北
※不戦勝は6点

カテゴリ欄の「2017年各場所ランキング」から素早く確認できます

スポンサードリンク