記事一覧

2017年九州場所13日目 たぶん幕内最速採点 白鵬薄氷の勝利で首位をキープ



九州場所13日目。

この日は、白鵬が宝富士にあわやの場面を作られる一幕があったが
抜群の反射神経でこれを防いだ。

そして、2敗で追う北勝富士、隠岐の海も揃って勝利し白鵬を追走している。

特に、北勝富士の取り組みは非常に熱がこもっており、
解説の元横綱北の富士が思わず

「ヨシッ!」

と口に出してしまうほど手に汗握る内容だった。

そんな熱戦が続く幕内力士たちの相撲を、早速採点してみよう


■2017年九州場所13日目 幕内力士採点


●碧山:5
○大奄美:6

碧山が得意の突き押しではなく、四つに組む珍しい一番となった。
勝負は右の上手を引いて十分な体勢を作った大奄美が寄り切って勝利した。


●安美錦:5
○勢:6

安美錦は立ち合いで張っていったが、勢がうまく左四つの形を作り
すくい投げで勝利。
安美錦は序盤の勢いを完全に失ってしまった。


●魁聖:6.5
○朝乃山:5

お互い得意の右四つとなったが、魁聖が力の差を見せつけ朝乃山を寄り切った。
朝乃山は、悔しい負け越し決定となった。


●妙義龍:5
○大栄翔:6

大栄翔が得意の突き押しを見せ、それを妙義龍が下からあてがってしのぐが足が前に出ない。
大栄翔が、そのまま連続して突き押しを入れて妙義龍は尻餅をついて倒れこんだ。
妙義龍は、足の状態が悪い様子で9日目以降動きが悪くなっている。


●錦木:5
○千代丸:6

四つに組みたい錦木と、突き放したい千代丸の対戦は
突き押しの展開となった千代丸が
前に出てくる錦木を土俵際でかわして送り出しで勝利した。


●琴勇輝:5.5
○正代:6.5

琴勇輝が、突き押しをうまくしのいだ正代が、廻しを引いて送り出しを見せるが
琴勇輝がそれをしのぐ。
そこから正代が前に出ようとするが、琴勇輝が珍しく中に入って一気に土俵際まで
正代を押し込んでいくも、逆転の小手投げを食い土俵に倒れこんだ。
どちらの動きもよく、攻防が入れ替わる面白い取組だった。


●大翔丸:5
○豪風:6

豪風の鋭いぶつかりからのはたきに、大翔丸は足を運べず土俵に倒れこんだ。
豪風は、7敗から3連勝で勝ち越しに望みを繋いでいる。


○隠岐の海:6.5
●栃ノ心:5

栃ノ心がもろ差しの体勢を作りかけたが、ギリギリで左の下手を引いた隠岐の海が
逆転の下手投げで勝利した。
隠岐の海は、今場所相手に押し込まれても粘れる足腰が戻ってきていることが好調の要因だ。


○千代翔馬:6
●輝:5

突き起こしたい輝だったが、千代翔馬のとったりからすそ払いの連続技で崩されてしまった。
そこから四つに組んだ千代翔馬が一気に勢いを押し出した。


○千代大龍:6
●荒鷲:5

千代大龍が、立ち合いからの圧力で荒鷲を下がらせるとタイミングよく叩きで勝利した。
荒鷲は軽量ゆえに、千代大龍の激しい当たりに耐えきれなかった。


●栃煌山:4.5
○貴景勝:6

貴景勝は、引きを見せたが
栃煌山の出足が悪く前に出る圧力に足りない。
体勢を整えた貴景勝の突き押しを食らうとズルズル後退し土俵を割ってしまった。


○玉鷲:6
●遠藤:5

幕内上位との対戦となった遠藤だったが、玉鷲の突き押しをまともに受けて土俵を割ってしまった。
玉鷲は後手に回ったが、強力な喉輪で逆転した。


●松鳳山:5
○阿武咲:6

松鳳山が回転の良い張り手で、阿武咲を下がらせたが
土俵際で阿武咲が粘りを見せるとそこから素晴らしい出足で松鳳山を一気に
運んで押し出した。


○琴奨菊:6.5
●千代の国:5.5

千代の国が、激しい突き押しで攻めるも琴奨菊がうまく四つに組む展開に持ち込む。
琴奨菊有利かと思われたが、千代の国も左四つ右上手の体勢で上手投げを繰り出して
簡単には下がらない。
熱戦となった一番は、琴奨菊がすくい投げで千代の国を下した。
素晴らしい取組だった。


●御嶽海:4.5
○逸ノ城:6.5

逸ノ城の圧力に、御嶽海が耐えきれず引いて呼び込んでしまった。
調子を上げてきた御嶽海を破るところを見ると、やはり逸ノ城の力が戻ってきていると感じられる一番だった。


豪栄道:6
高安:不戦敗


北勝富士:6.5
嘉風:5

北勝富士は、立ち合いで劣勢に立たされるも
前に出てくる嘉風の圧力に下がらず前に出続けた。
嘉風も、負けずに前に出ようとするが突き起こす北勝富士に気勢を削がれ
うまく攻め込めない。
最後まで前に出る北勝富士が、上手く左を差して実力者嘉風を破った


●宝富士:6
○白鵬:6

宝富士が、立ち合いからうまいいなしを見せてあわやの場面を作ったが
白鵬が抜群の反射神経で堪えた。
宝富士は、出投げでさらに追い詰めたが後追い足が遅く、勝利には至らなかった。
白鵬はギリギリながら勝ちを拾うことができた。



■13日目までの採点結果

2017九州場所初日相撲内容採点13


白鵬が、ギリギリの内容で勝利したことでポイントを伸ばせなかったのに対して
北勝富士は嘉風を充実の土俵ぶりで嘉風を破ったことでポイントを伸ばした。
両者の差は、0.5に縮まった。
14日目で結果はどうなっているだろう?

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

momiji

Author:momiji
相撲に関わる色々なランキングを作成しております。

・相撲ポイント
15日間の幕内力士の相撲を最高点10点最低点0点で採点

6点・・・特筆すべき内容がない勝利
5点・・・特筆すべき内容がない敗北
※不戦勝は6点

カテゴリ欄の「2017年各場所ランキング」から素早く確認できます

スポンサードリンク