記事一覧

2017年九州場所8日目 たぶん幕内最速採点 白鵬に死角なし



九州場所も、中日を終えた。

この日も危なげない相撲を見せた白鵬は危なげのない相撲を見せた。

この白鵬から白星を勝ち取ることは至難の業だろう。

白鵬を追いかけるもっとも有望な力士である
大関豪栄道は、内容のいい相撲で千代の国に勝利した。

また、逸ノ城が横綱稀勢の里を破り金星を挙げている。
これに気をよくして1敗をキープし続けられるのか?

それでは、採点してみよう


■九州場所8日 幕内採点

●錦木:4.5
○豊山:

錦木は豊山の押っつけに出足の馬力が出ず。
前に出る相手に下がるだけで、いいところがなかった。


○隠岐の海:6.5
●大奄美:5

隠岐の海が、立ち合いから左差し右上手のいい状態を作って完勝した。
大奄美は前廻しを引いて活路を見出そうとするが、差し身が甘かった。


●豪風:5
○朝乃山:6

豪風が鋭い出足を見せたが、朝乃山も下がらない。
無理な投げで体勢を悪くした豪風を朝乃山が難なく寄り切った。


●魁聖:5
○妙義龍:6.5

四つに組みたい魁聖と、組みたくない妙義龍の一番。
立ち合いから左を押っつける妙義龍に対し右を差しこもうとする魁聖だったが、
妙義龍がうまくいなしてから、つき起こして魁聖を押し出した。
妙義龍のうまさが目立った一番となった。


●琴勇輝:5
○勢:6

琴勇輝が一気の突き押しで土俵際まで追い詰めるが、勢がうまくいなして突き落とした。
上背のある勢に対し、琴勇輝の突き押しの威力が損なわれたようだ。


●安美錦:5
○遠藤:6.5

遠藤が立ち合いから、低く鋭い当たりを見せた。
安美錦は対応できず、苦し紛れの叩きを見せるが押し出されてしまった。
遠藤の出足の良さが出た。


○輝:6.5
●大栄翔:4.5

共に突き押し得意の二人だが、
輝のリーチのある突き押しの前に、大栄翔は土俵を伝って逃げることしかできなかった。
大栄翔は消極的な姿勢が目立った取り組みとなってしまった。


●大翔丸:5
○碧山:6

碧山のもろ手突きに、上体が起きてしまった大翔丸。
そこから、一気に叩きこみを見せた碧山が難なく勝利した。


●正代:4.5
○栃ノ心:6.5

立ち合いから、得意の右差し左上手の形を作った栃ノ心が圧勝した。
正代は、立ち合いで胸が合ってしまい劣勢に立たされた。
得意の差し身の良さを生かせなかった。


●千代丸:5
○荒鷲:5.5(変)

荒鷲が立ち合い変化で右にかわす。
千代丸は何とか踏ん張り攻め込むが、荒鷲のいなしと叩きに対応できなかった。
荒鷲は好調なだけに、変化などせず前に出る攻めを見せてほしい。


●松鳳山:5
○千代翔馬:6.5

激しい突き合いから、四つに組んだ両者。
体重の重い松鳳山が有利と思われたが、千代翔馬の切れ味鋭い切り返しで勝負あった。


○千代大龍:6
●栃煌山:4.5

千代大龍が、栃煌山を突き起こして土俵外へ押し出した。
栃煌山は左ひざが相当悪いのか、まったく体を残せず悔しい中日負け越しとなってしまった。


○玉鷲:7
●宝富士:4.5

玉鷲の出足からの突き押しは素晴らしい破壊力だった。
防御力の高い宝富士を一気に土俵外に持って行った。会心の相撲。
宝富士は、まったく何もさせてもらえなかった。


●琴奨菊:5
○阿武咲:6.5

阿武咲が、琴奨菊の立ち合いの当たりを止め左右を押っつけて、そのまま前に出る。
出足を止められた琴奨菊が何とか前に出ようとするが、タイミングよく阿武咲が叩き込みを見せて勝利した。
阿武咲は考えたことがうまくはまった取組だったのではないだろうか?


●御嶽海:5
○貴景勝:7

貴景勝が、立ち合いから突き押しで攻め続け、逃げ回る御嶽海を押し出した。
貴景勝の素晴らしい積極性が出た一番。
逆に御嶽海は、相手の圧力に屈して下がるのみだった。足の怪我は芳しくない様子だ。


○豪栄道:6.5
●千代の国:4.5

豪栄道が、うるさい千代の国を立ち合いの出足で一気に押し出した。
連敗で消極的な相撲を見せてしまうかと思われたが、後半戦に向け内容の良い相撲が取れた。
ここから白鵬を追って行けるか?


○嘉風:6.5
●高安:4.5

立ち合いで張り差しを選択した高安だったが、左を差せず。
嘉風は左を固めながら、低い姿勢でじりじりとまわしを絞り相手を半身の姿勢にして高安をいなす。
高安は、いなしになんとか耐えて反撃を狙うが、前に出た嘉風の突き起しとおっつけで
ばたりと手を付いてしまった。

●稀勢の里:3.5
○逸ノ城:6.5

逸ノ城は、しっかり右を固めながらぶつかり、叩きなども見せずに前に前に攻めたことが勝因だった。
稀勢の里は、左差しを封じられ、かつ左足首の怪我で土俵際こらえることもできなかった。
今場所で最悪の内容だろう。


●北勝富士:5
○白鵬:6.5

立ち合いで、手をかざして北勝富士の当たりをうまく避けながら左上手を引いた白鵬が
万全の寄りで完勝。格の違いを見せつけた。
北勝富士は、つっかけたことで立ち合いの出足が鈍ったか?


■8日目までの採点結果

白鵬、貴景勝という順位は変わらないが、
1敗で追う逸ノ城が金星を上げただけに、ポイントを伸ばしていきそうな予感がする

2017九州場所初日相撲内容採点8



スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

momiji

Author:momiji
相撲に関わる色々なランキングを作成しております。

・相撲ポイント
15日間の幕内力士の相撲を最高点10点最低点0点で採点

6点・・・特筆すべき内容がない勝利
5点・・・特筆すべき内容がない敗北
※不戦勝は6点

カテゴリ欄の「2017年各場所ランキング」から素早く確認できます

スポンサードリンク