記事一覧

2017年九州場所 7日目たぶん幕内力士最速採点 白鵬の一人旅が始まるか?



九州場所7日目。

打倒白鵬の最右翼と思われた豪栄道がまさかの連敗を喫した。

これで白鵬の一人旅が始まるだろうか?

それでは、幕内力士を採点してみよう


◼︎九州場所7日目 幕内力士採点


◯琴勇輝:6.5
●大奄美:5

琴勇輝が、相手の張り手に怯まず回転の良い突き押しで一気に大奄美を持って行った。

大奄美は、下から充てがうだけで有効なせめてに欠いた。


●豪風:5
◯安美錦:6

しっかり当たってから、一瞬の引き技で安美錦が勝利。
豪風はやりたいことをやられた格好になった。


●錦木:5.5
◯輝:6

輝が立ち合いで強烈なのど輪で有利に運ぶも
錦木が、左を差して対抗する。
最後は背中を取られた錦木が諦めず逆とったりを仕掛けたが、
輝が押し出して勝利した


◯妙義龍:6.5
●朝乃山:4.5

妙義龍が低い姿勢で立ち合い、上手を引いて一気に土俵外に寄り切った。
朝乃山は、体勢を整える前に攻め切られてしまった。


◯隠岐の海:6
●勢:5.5

勢が立ち合いから一気に前に出たが、逆転で隠岐の海が突き落とした。
物言いのつく際どい一番で、負けた勢も非常に惜しかった。


◯魁聖:6.5
●千代丸:4.5

魁聖が立ち合いから、素早く左の上手を引いて前に攻めて完勝だった。
千代丸は、当たりも中途半端で魁聖相手に何もできなかった。


●大栄翔:5
◯栃ノ心:6

大栄翔が小気味好く突き押しを見せたが、栃ノ心が崩されずに右四つに組んで、寄り切った。


●千代翔馬:5.5
◯遠藤:6.5

千代翔馬が前回しを引いて主導権を握る。
守勢に回った遠藤を千代翔馬がすそ払いで体勢を崩すが
遠藤が耐えて、一瞬で回しを切って、突き落としで勝利した。


●大翔丸:4.5
◯荒鷲:6.5

荒鷲が張り差しから、上手を引いて素晴らしい出足を見せて一気に寄り切った。
大翔丸は、一方的に攻め切られた。


●宝富士:4.5
◯正代:6.5

宝富士が立ち合いから右の上手を求めに行ったが、
逆に正代に双差しを許す結果となってしまった。
正代は十分な体勢になったので、簡単に宝富士を寄り切った。


◯逸ノ城:5.5(変)
●栃煌山:5

逸ノ城が勝ちはしたものの、消極的な変化を見せた。
しかもそれで決められず、逆に体勢を悪くした。
栃煌山は、相手のはたきに堪えたものの動きが悪く、
差し勝つことができなかった。


●千代大龍:5.5
◯貴景勝:6.5

千代大龍がぶちかまして貴景勝を土俵際まで追い詰めたが、貴景勝は冷静に見ていた。
相手の動きに合わせて上手くいなして突き落としで勝利した。


●御嶽海:5
◯玉鷲:6.5

玉鷲が体重に乗った突き押しで一気に御嶽海を押し出した。
御嶽海は低く鋭い立ち合いを見せるも玉鷲の圧力に屈し引いてしまった。


●琴奨菊:5.5
◯嘉風:6.5

琴奨菊が立ち合いから一気に土俵際まで追い詰めたが、
嘉風が琴奨菊の左手首を掴んで必死に堪えると、中に入って一気に押し返して寄り切った。


●千代の国:5
◯高安:6.5

高安が張り差しから右の上手を引いて一気に足を運んで行った。
千代の国は、得意の激しい動きを見せられなかった。


●豪栄道:4.5
◯松鳳山:7

松鳳山が回転の良いつっぱりを休まずに繰り出したことで、豪栄道がかわすように動く。
それでも前に出続ける松鳳山に、豪栄道はたまらず土俵を割ってしまい
痛恨の連敗を喫した。


●阿武咲:5
◯白鵬:6

阿武咲の出足を警戒し、白鵬が張り手を選択。
これで、阿武咲の勢が削いだところを左で押っ付けてから上手く叩いて勝利した。


●稀勢の里:4.5
◯北勝富士:7

北勝富士が、稀勢の里の左差しを徹底して封じながら右で押っ付けて前に出続けて
初顔合わせで金星を獲得した。
稀勢の里はやはり左足が悪く、しつこく下から攻める北勝富士に後手に回り最後まで勝機を見いだせなかった。

◼︎2017年九州場所 7日目までの採点合計

白鵬、貴景勝という順位は変わらないが、
稀勢の里を破って金星を挙げた北勝富士。
好内容で御嶽海を破った玉鷲が順位を上げてきている。


スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

momiji

Author:momiji
相撲に関わる色々なランキングを作成しております。

・相撲ポイント
15日間の幕内力士の相撲を最高点10点最低点0点で採点

6点・・・特筆すべき内容がない勝利
5点・・・特筆すべき内容がない敗北
※不戦勝は6点

カテゴリ欄の「2017年各場所ランキング」から素早く確認できます

スポンサードリンク