記事一覧

白鵬、時間前に立つのはいいがダメ押しはいらないでしょ?



2017年九州場所は早くも5日目までの日程を消化した。

いつもなら、ワクワクした気持ちで本場所開催中の15日間を楽しむ私なのだが、
日馬富士の暴行事件の影響で、モヤモヤとした気持ちが晴れないでいる。

九州場所の開催地である、福岡国際センターも15日間満員御礼が決定したと場所前に報じられていたが、
事件の影響からか空席が目立つように感じる。

不祥事が発覚した状態で、大相撲を見に会場に足を運んで良いものか、戸惑う方も少なからずいるということなのだろうか?

周囲が急に騒がしくなったことで、力士たちにも同様が走っているという記事も目にしている。

少なくとも、現状はTVで観戦している限り、
事件の影響が土俵上の相撲内容に影響を及ぼしていることは無いと思われる。

力士一同が集中して取組に臨んでいることが大きいが、
抜群の相撲内容で場所を引き締めてくれている横綱の存在が、
ともすれば事件の悪影響を及ぼしかねない雰囲気を一掃してくれていると感じている。

その横綱とは、もちろん39回の優勝を誇る大横綱白鵬だ。

◼︎今場所の白鵬は、ここ1、2年で一番の状態だと感じられる

白鵬は、今場所の開催前から状態が良いことは度々報じられてきた。

秋巡業後、関取衆と稽古を開始したのは通常より早く、そして稽古を終えたのは通常より遅かったという。

専ら、本場所の初日を7割程度に仕上げて、場所中に調子を上げるというのが白鵬の調整法として知られているが
今場所は、初日から100%の状態で九州場所に望んでいるようだ。

その証拠に、今場所は5日目まで完全に相手を圧倒して完璧に近い相撲を見せている。

白鵬は、2017年の夏場所、名古屋場所と連覇したが、その時は本来の四つ相撲ではなく、
回しを取らず、張り手といなしで勝つ相撲が目立っていた。

夏場所を全勝、名古屋場所を14勝1敗とほぼ完璧な結果を残したものの
本来の力強さに欠ける取り組みが少なくなかったのだ。

しかし、今場所は得意の右四つで万全な相撲を見せている。

また出足のスピードは、尋常ではなく全盛期を彷彿とさせるほどである。


そして、何よりも気合の乗りが素晴らしいのだ。

それを裏付けたのが、5日目の栃煌山戦である。

栃煌山の気合が高まっていると感じると、躊躇なく時間前に立って勝負を決めに行ったのだ。

結果として、栃煌山にその気は無く立ち合い不成立となったが
機を見て素早く反応するのは、集中力を高めていなければできないことであり
何よりも気合が乗っていることの証拠だろう。

そして、時間いっぱいで再び胸を合わせた栃煌山を難なく押し出してみせたのだ。

今場所の白鵬はV40という偉業に向けて気力体力ともに充実していると感じる。

ただ、
その素晴らしかった栃煌山戦は最後にケチがつく内容だった。


◼︎偉業に泥を塗りかねない行動は慎むべきだ

白鵬は、栃煌山を見事に押し出した。

ここまでは良かった。

しかし、気合が乗りすぎたのだろう。

すでに土俵の外に出ていた栃煌山を、再び押して土俵の下に落としたのだ。

栃煌山が押し出された段階で、すでに身体1つ分程出ており
止めようと思えば最後の一押しは止められたはずだ。

ダメ押しだったことは明白なのだ。

時間前に立ったことも重なって、取組後には館内に微妙な空気が流れてしまっていた。


今場所の白鵬は、非常に充実しており、それは相撲内容にも出ている。

私は、白鵬の立ち合いのかち上げ、特に肘の先で顔面を振り抜くようなエルボーと言って良いかち上げ、を選択する事を快く思っていないのだが、
今場所の白鵬はかち上げも行うものの
下から前腕をあてがうかち上げを選択しており
立ち合いが乱暴という表現では無くでは無く、激しいの範囲に収まっていると感じている。

今場所の白鵬の強さを手放しで称賛したい気持ちでいっぱいなのだが、
そんな矢先にダメ押しをする姿をみると
気持ちよく拍手を送れなくなってしまうのだ。


今場所の白鵬は、40回という前人未到の記録に挑み、それを実現するために邁進している。

そして日馬富士の事件の影響も全くないとは決して思えない。

そんな体験したことのない状況で相撲を取っていることもあり、
多少周りが見えなくなることもあるだろう。

しかし、今回のようなダメ押しを見せていたら、
今場所優勝して素晴らしい記録を打ち立てたとしても
その偉業に共感してくれる人間を減らしてしまうのではないだろうか?


今場所、
素晴らしい技と力を見せている白鵬だけに
15日間心も伴った相撲を見せてもらいたい。

大横綱白鵬ならば、それができると信じている。



こんな茶目っ気のある笑顔にダメ押しは似合わない

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

momiji

Author:momiji
相撲に関わる色々なランキングを作成しております。

・相撲ポイント
15日間の幕内力士の相撲を最高点10点最低点0点で採点

6点・・・特筆すべき内容がない勝利
5点・・・特筆すべき内容がない敗北
※不戦勝は6点

カテゴリ欄の「2017年各場所ランキング」から素早く確認できます

スポンサードリンク