記事一覧

2017年九州場所2日目 たぶん幕内最速採点 稀勢の里が貴重な初白星



2017年九州場所の2日目

この日は、今場所の優勝候補と目される力士と
状態が不安視されている力士の相撲内容に大きな差が出ていた。


■白鵬、豪栄道の調子が非常に良い。

優勝候補筆頭の、白鵬は非常に調子が良かった。

張り手でくる玉鷲の動きをよく見て、一瞬で相手の上手を引くと
一気に前に出た。

玉鷲は後ろ向きに送り出される形となり、白鵬の動きの良さが
際立った一番となった。

他の力士と比べて頭一つ抜けている。


それに続く内容を見せたのが、豪栄道だった。

馬力ある当たりを見せる琴奨菊が相手だったが、
豪栄道の立ち合いの出足の鋭さが際立っていた。

上手を求めようとする琴奨菊を、一気の寄りで土俵外まで運んで行ったのだ。

場所前から状態の良さが取り上げられていたが、豪栄道の調子の良さは
本物のようだ。

白鵬、豪栄道の二人が、
九州場所をリードしていくのは間違いないと思われる。

harumahuji003.png


■日馬富士は連敗。稀勢の里は相手の気負いに救われた。

さて、前日敗れ黒星発進となった2横綱の結果は明暗が分かれた。

日馬富士は、貴景勝の挑戦を受けたが
低い姿勢でガツガツ突き起こしてくる若手の圧力に対応できず
簡単に土俵を割ってしまった。

横綱らしからぬ完敗に、状態の悪さが際立っていた。
先場所も阿武咲、貴景勝に敗れていることから
自分より身長が低く、反応の良い突き押しに長けた力士と合口が悪いことが
よくわかる。

先場所は、連敗から皆勤し優勝にこぎつけたものの今場所はどうなるかわからない。
このまま状態が上がらなければ途中休場もありうるだろう。


そして、最もその状態が危ぶまれている稀勢の里は新鋭阿武咲との対決となった。

勢いに乗る新三役が相手だけに、苦戦が予想されたが
立ち合いで相手の動きを止めて左のおっつけを見せた稀勢の里に対し
簡単に阿武咲が手をつく格好となり、予想外の決着となった。

稀勢の里が良いというよりは、
阿武咲が気負って体が硬くなったことが敗因のように感じられた。

大事な一番で平常心で戦うことがいかに大事かを再確認させてくれる内容だった。

稀勢の里は、連敗すれば再び休場の可能性もあっただけに、この勝利は小さくないはずだ。
ここから一気に調子を上げられるか期待したい。


さて、2日目の幕内の採点は以下のようになった。

2017九州場所初日相撲内容採点2


■幕内2日目採点

◯錦木:6
●石浦

錦木の重い体が活きた。
しっかり足も出て、動きの早い石浦に何もさせなかった。


◯妙義龍:6.5
●大奄美:5

差し身が上手い妙義龍が終始優勢だった。
大奄美も重い体で簡単には下がらなかったが、妙義龍が左からの強烈な押っつけでとどめを刺した


◯豪風:6.5
●琴勇輝:4.5

豪風の素晴らしい出足と右の押っつけで一気に土俵外に持っていった。
琴勇輝は、得意の突き押しの威力を発揮できなかった。
膝を引きずっていたが、大丈夫か?


◯安美錦:6
●輝:4.5

安美錦が立ち合いから上手く叩いて勝利した。
輝は、相手のはたきに簡単に落ち過ぎだ。
何か仕掛けてくるという警戒心が足りないのでは?


●碧山:5
◯隠岐の海:6

碧山が突き押しではなく、頭から当たり四つに組んでいった。
悪くない攻めだったが、四つ相撲は隠岐の海に分がある。
碧山の攻めに耐えると上手く回り込み、逆襲で土俵外に押し出した。

碧山は膝を気にしていた。状態が気になるところだ。


●朝乃山:5
◯勢:6.5

勢が出足が良く一気に土俵際に持っていき強烈なすくい投げを見せたが
この攻めに耐えた朝乃山のポテンシャルの高さを感じる。

しかし、再び前に出る勢を止められず押し出された。


◯遠藤:6.5
●魁聖:5.5

喧嘩四つの両者の差し手争いは見応えがあった。

魁聖が上手く右四つに組んだが、
遠藤が左を押っつけて堪え、得意の左を差すように仕掛けるが魁聖がそれを許さず、前に出る。
土俵際苦しい遠藤が下手捻りで鮮やかに魁聖を転がした。


●大栄翔:5
◯千代丸:6

千代丸の回転の良い突き押しで、終始攻め立てた。
大栄翔は、得意の素早い動きを見せられなかった。


●千代翔馬:4.5
◯正代:6.5

正代が力強いかち上げから、
回り込もうとする千代翔馬を逃さず、そのまま寄り切った。
昨日の悪い内容が嘘のようだ。


●大翔丸:5
◯栃ノ心:6

大翔丸は変化気味に立ち、押っ付けて攻めるが
体の大きい栃ノ心が上手く四つに組みそのまま寄り切った。


●千代の国:5
◯荒鷲:6

千代の国が先手を取って、攻め立てたが、荒鷲が耐えて、
足が揃った千代の国を引き落としで勝利した。


●宝富士:5
◯逸ノ城:6.5

逸ノ城が立ち合いの当たりもよく、そこから上手く右四つに組んだ。
宝富士は苦手の四つでは勝負にならなかった。


●御嶽海:5
◯北勝富士:6.5

当たりの低さは北勝富士が優った。
そこから前に出て右ののど輪で相手を押し出した。
御嶽海は合口が悪いのか、これで北勝富士戦は2戦2敗となった。


●照ノ富士:4.5
◯松鳳山:6

松鳳山の出足は良かった。
照ノ富士は立ち合いの厳しさが見せられず、
膝をかばうように簡単に下がり寄り切られてしまった。


◯千代大龍:6.5
●嘉風:4.5

千代大龍がぶちかましで嘉風の体勢を崩した。
嘉風は立ち合いが遅れたようにも見え、何もできず押し出された。


豪栄道:6.5
琴奨菊:5

琴奨菊が立ち合い上手を求めていったが、豪栄道の立ち合いの鋭さがそれを許さなかった。
そのまま豪栄道が寄り切り、好調ぶりを見せつけた。


●栃煌山:4.5
◯高安:6.5

高安のぶちかましが非常に効果的だった。
栃煌山は立ち合いで押し負けて、何もできなかった。


●日馬富士:4.5
◯貴景勝:7

立ち合いは五分だったが、下から突き押す貴景勝に、日馬富士は後退するしかなかった。
横綱らしからぬ、完敗だった。


◯稀勢の里:6
●阿武咲:5

稀勢の里の立ち合いの圧力と左に押っつけが良かった。
阿武咲は、気負い過ぎたか足が滑ったようで簡単に落ちてしまった。


●玉鷲:5
◯白鵬:6.5

玉鷲に張られて、一瞬動きが止まったが、白鵬がすぐに上手を引いて出して後ろを取った。
白鵬に隙がなかった。

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

momiji

Author:momiji
相撲に関わる色々なランキングを作成しております。

・相撲ポイント
15日間の幕内力士の相撲を最高点10点最低点0点で採点

6点・・・特筆すべき内容がない勝利
5点・・・特筆すべき内容がない敗北
※不戦勝は6点

カテゴリ欄の「2017年各場所ランキング」から素早く確認できます

スポンサードリンク