記事一覧

白鵬のかち上げを肯定する人の気持ちは理解できない


以前、白鵬のここ2年間の全取り組みの立ち合いを調べて
以下のような記事を投稿した。

「乱暴な相撲なしでは白鵬は優勝できない。2016年以降のデータは語る。」
http://sumo1982.jp/blog-entry-112.html

結果は、かち上げ、張り差し張り手など横綱として好ましくない立ち合いが
5割弱を占めていた。

そして、そのような立ち合いを積極的にみせた場所でしか優勝できていないということがわかった。

私は、記事の中で
白鵬は偉大な横綱であることは間違い無いのだから、
乱暴な立ち合いをせずに、勝利を目指して欲しいと書き
そのような立ち合いでしか勝利できないのであれば、引退も考えるべきだ
と述べた。


その後、この記事に対して以下のようなコメントをいただいた。


「白鵬は、野球賭博問題や八百長問題で相撲界がどん底の時期を支えた横綱である。そんな功労者を貶めるような記事は
好ましくない」

「そもそも、大鵬や北の湖、北の富士なども立ち合いで張り差しやかち上げを行なっている。
ことさら白鵬だけを取り上げるのは、意図的に白鵬の評判を落とそうとしているものだ」

「白鵬のかち上げについて、批判するのは舞の海ぐらいで他の解説者は何も言わないのだから問題はない」


考え方は、人それぞれだと思う。

ただ、私の考えていることを代弁した意見をいただいた。

「白鵬の今の相撲を擁護する人の気持ちが理解できない」
というものだ。



■対戦相手を潰しかねない立ち合いはすべきではない。

確かに、大鵬や北の湖といった歴代の大横綱も
張り差しやかち上げといった立ち合いを行なっている。

歴代横綱の中で、白鵬だけがかち上げを行なっているわけではないのは理解できる。


ただ、以前の記事にも書いたが、
白鵬のかち上げは、明らかに肘の先で対戦相手の顔面を狙う危険な行為だ。

従来のかち上げとは、立ち合いで前腕を相手の胸に向けて下から跳ね上げるようにぶつかるものであり、
白鵬のそれは明らかに異質な対戦相手を潰しかねない立ち合いだ。

そして張り差しも、従来通りの形であれば見苦しいが問題はないと考えている。

しかし、白鵬の場合は明らかにかち上げのコンビネーションに使っているのだ。

張って相手の顔をかち上げる側に向けてから、顔面に強烈に肘を入れる。

張り差しとは名ばかりの、白鵬が見せるもっとも危険な連携技なのだ。

白鵬を擁護する人は、この一連の立ち合いも容認できるのだろうか?




■大砂嵐のかち上げは、大きく批判された。

過去に、同じように顔面へのかち上げが物議を醸した力士がいる。

エジプト出身力士、大砂嵐だ。

持ち前の腕力と強い足腰で幕内でも存在感を示したが、
当初大砂嵐のかち上げは対戦相手の脅威となっていた。

かち上げとは言うものの、
完全に顔面への肘打ちであり、
対戦した千代鳳が一発KOされるなど、徐々にその立ち合いが問題視されるようになった。


当時大関だった稀勢の里は、
大砂嵐の顔面へのかち上げについて
「殴り合いじゃないんだから」
と苦言を呈した。

相撲技術が未熟ゆえと見逃されてきた感があったが、
さすがにあまりにも危険すぎる立ち合いのため、師匠の大嶽親方から
顔面を狙うかち上げは行わないように指導が入った。

そして、解説の北の富士も
「あれはかち上げでなくエルボーだ」と2014年名古屋場所中に解説していたと記憶している。

つまり白鵬のかち上げも、肘打ちであることに変わりないのだ。

▪️誰も指摘しないからこそ、自らの振る舞いを正すべきだ。

大砂嵐には指導が入り、白鵬に明確に注意がないのは、立場の違いだ。

次々に記録を更新し、また1人横綱として角界を引っ張ってきた対しては、相撲協会からも指導などしづらいのだろう。

それは、相撲関係者や解説者たちも同じ心境なのではないだろうか?

だからこそ
そのような、かち上げ戦術に圧倒され続ける力士たちに
策を尽くして戦い、上回って欲しいと考えているのではないだろうか?


決して肘打ちかち上げを認めているわけではないのだ。


白鵬はかつて、土俵上で琴勇輝が「ホウッ」と雄叫びをあげる事について「犬じゃないんだから」と厳しく批判し正すように注意した。

土俵上で見苦しいことをするなというわけだが、
それならば、立ち合いで顔面を狙う肘打ちかち上げも十分見苦しい。

そして、何よりも危険だ。


白鵬は偉大な横綱という存在故に、簡単に土俵態度を指摘されることがない。

だからこそ、自分の土俵態度を振り返り自分で正す必要があるだろう。


九州場所では、
偉大な記録を打ち立てた強さに見合う振る舞いを期待したいものだ。

スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

momiji

Author:momiji
相撲に関わる色々なランキングを作成しております。

・相撲ポイント
15日間の幕内力士の相撲を最高点10点最低点0点で採点

6点・・・特筆すべき内容がない勝利
5点・・・特筆すべき内容がない敗北
※不戦勝は6点

カテゴリ欄の「2017年各場所ランキング」から素早く確認できます

スポンサードリンク