記事一覧

なんでもありの白鵬に勝つために、なりふり構わず対抗すべきだ

前回、前々回と2016年以降の白鵬の立ち合いについての投稿を行なった。「乱暴な相撲なしでは白鵬は優勝できない。2016年以降のデータは語る。」http://sumo1982.jp/blog-entry-112.html2016年以降の白鵬の全取組を調べた結果、実に立ち合いの全体の5割近くが、「張り手、張り差し、かち上げ」と言った横綱らしくないとされる乱暴な立ち合いである事がわかった。自身の衰えを、荒い立ち合いで補っているように見えるが勝利に強いこ...

続きを読む

乱暴な相撲なしでは白鵬は優勝できない。2016年以降のデータは語る。

前回、白鵬の相撲に対して以下のような投稿を行なった「白鵬は乱暴な立ち合いばかりか?2017年の立ち合いを調べてみる」http://sumo1982.jp/blog-entry-111.html2017年秋場所時点までの全取組の立ち合いを確認し、乱暴な立ち合いが多いと批判される白鵬だが、実際のところどれほどそのような立ち合いを行なっているかを調べた。結果全取組の半分近い47%が横綱としてふさわしくない「張り手、張り差し、かち上げ、変化」といった内...

続きを読む

白鵬は乱暴な立ち合いばかりか?2017年の立ち合いを調べてみる

白鵬は強い横綱である。そのことについて異論を挟む相撲ファンはほとんどいないだろう。それでは、白鵬の相撲が好きかと問われると相撲ファンはどんな反応をするだろうか?私は、多くのファンが好きではないと答えると考えている。特にここ2、3年で数多く見せるようになった立ち合いでのエルボーまがいのかち上げや乱暴すぎる張り手、張り差しに批判の声が多く上がっている。今回、2017年春場所から名古屋場所までの全立ち合いを確...

続きを読む

稀勢の里はどこまで強くなれるか?歴代横綱のデータから考察する

最近稀勢の里に関する投稿を複数行っているが昨日は、「稀勢の里は白鵬には並べない?大関時代の勝率からその強さを検証する」http://sumo1982.jp/blog-entry-109.htmlと題して、現状の稀勢の里の強さを大関時代の勝率から検証してみた。結果、現在の稀勢の里は勝率という物差しで測るならばお兄ちゃんで有名な横綱若乃花(3代)にやや劣るということが分かった。さて、今回も稀勢の里の強さに関して検証を行っていきたいと思う。...

続きを読む

稀勢の里は白鵬には並べない?大関時代の勝率からその強さを検証する

九州場所に復活を期す稀勢の里は秋巡業で精力的に汗を流しているという報道も多く、期待が高まっている。さて、最近稀勢の里の復活に関していろいろな投稿をしているが、そもそも稀勢の里はどのぐらい強い力士なのだろうか?打倒白鵬の一番手としてメディアなどから評価されている稀勢の里だが、果たして、第一人者である白鵬に比肩するほど強さを手に入れることができるのか?大関時代の勝率を元に検証していきたいと思う。■日本...

続きを読む

現役力士の力士寿命が伸びているのは、インターネットのおかげだろう

先日、稀勢の里はいつまで現役を続けられるかを予想した投稿を行ったのだが現役横綱の平均年齢は、すでに歴代横綱の引退年齢平均を超えている事がわかった。参考ページ「稀勢の里の引退時期はいつ?過去の横綱の休場歴から予想してみる」http://sumo1982.jp/blog-entry-107.htmlさらに、横綱に限らず大関経験者について調べてみても昭和より平成の方が現役を長く続けられている事がわかる。なぜ力士寿命が伸びているのか?年6場所...

続きを読む

稀勢の里の引退時期はいつ?過去の横綱の休場歴から予想してみる

先日投稿した記事「稀勢の里は復活できるのか?過去の横綱のデータからは衝撃の結果が!」http://sumo1982.jp/blog-entry-106.htmlでは、3連続休場を経験した横綱がその後どのような結果を残せたかをデータ化して分析してみた。結果は、芳しいものではなかった。今回は、再び稀勢の里が3連続休場から復活できるかについての記事を投稿したいと思う。今まで怪我に縁がなかった稀勢の里だけに、怪我を完治させ元の状態に戻るために...

続きを読む

稀勢の里は復活できるのか?過去の横綱のデータからは衝撃の結果が!

相撲界の目下の関心事は、間違いなく稀勢の里である。19年という長い歳月を経て誕生した、待望の日本出身横綱は3場所連続休場中という苦境に立っているが、果たして2017春場所で怪我を負った以前の強さを取り戻すことができるのか?今回、年6場所制以降に横綱の地位に就いていた力士たちのデータを参考に3場所連続休場以降、どのような結果を残せたのかをまとめてみた。それでは、データを見てみよう【調査対象:年6場所制以降...

続きを読む

琴奨菊の奮闘は、立場にこだわらず戦うことの清々しさを教えてくれる。

秋場所の熱戦もすっかり過去の事に感じる10月。力士達は秋巡業に向け、稽古に励んでいることだろう。ただ、私にはどうしても秋場所の戦いぶりを取り上げたい力士がいる。元大関琴奨菊だ。大関の地位から滑り落ちてから4場所目を迎え、すでに役力士でもなくなっていたこともありおそらく、場所前にはあまり期待もされていなかっただろう。しかし、全盛期を彷彿とさせる鋭い出足と馬力を見せ、序盤戦を4勝1敗の好成績を挙げた。休場...

続きを読む

全日本力士選手権開催。稀勢の里の連覇以上に鶴竜の危機感のなさが気になった。

10月2日、全日本力士選手権が行われた。本場所後に行われるこの大会はどうしても存在が忘れられがちなのだが、結果から話すと、横綱稀勢の里が前回に引き続き優勝を果たしたのだ。この大会はあくまでも本場所と無関係の花相撲であり参加した力士たちも、本気だったとは言えない。例えば、稀勢の里と対戦した千代の国は本来動き回る力士だが持ち前の立ち合いからの激しい突き押しも動きなく、あえて不利の四つに組んでいる。むやみ...

続きを読む

プロフィール

momiji

Author:momiji
相撲に関わる色々なランキングを作成しております。

・相撲ポイント
15日間の幕内力士の相撲を最高点10点最低点0点で採点

6点・・・特筆すべき内容がない勝利
5点・・・特筆すべき内容がない敗北
※不戦勝は6点

カテゴリ欄の「2017年各場所ランキング」から素早く確認できます

スポンサードリンク