記事一覧

5連敗の正代関。胸から当たる立ち合いを改善しなくては上位陣に通用しない。

秋場所は5日目を終了し早くも前半戦を終了した。 <br>ここまでの主役は、間違いなく隠岐の海関だろう。稀勢の里関を破った初日を皮切りに、両横綱を倒して場所を盛り上げている。この日も、取り直しで厳しい相撲となったが、しっかりと勝利し初日からの5連勝となった。内容も、松鳳山関相手にかなり余裕を持って戦えているように感じられた。すでに2大関2横綱を倒していることを考えると、これはもしかするとそのま...

続きを読む

若手の活躍に世代交代の波を実感するが、危機感を持って取り組む必要がある

秋場所も3日目まで終了した。今場所は、上位陣安泰の日が1日もないという荒れた展開が続いているが、4日目も、大関照ノ富士関が破れ安泰とはならなかった。そしてその大関を破ったのは、今場所躍進する隠岐の海関だ。立ち合いから攻められる展開で決して褒められる相撲内容ではなかったが、土俵際で押し出す大関の手を極めながら手繰りかろうじて勝利をもぎ取った。ギリギリでも技を仕掛けられるのは調子の良さを表している。この...

続きを読む

厳しい2敗目だが、なぜか見ていて清々しい。稀勢の里関は初優勝のために多いに苦しんで欲しい。

秋場所3日目も波乱の1日となった。 <br>初日から連勝していた、日馬富士関が初黒星となった。勝ったのは、隠岐の海関。稀勢の里関、鶴竜関と連日上位陣を破ってきただけに乗っていることは理解していたが、好調の日馬富士関に勝利するとは思わなかった。相撲内容も、立ち合いから、日馬富士関に両まわしを引かれる苦しい展開を、耐えて巻き替えて逆転するという小細工なしの真っ向勝負で勝利を収めている。横綱を連覇し...

続きを読む

鶴竜関に初金星の隠岐の海関。3日目日馬富士関を破れば、一躍今場所の主役となる可能性もある

1横綱2大関が破れる波乱の幕開けとなった秋場所。 <br>2日目は初日黒星で綱取りに後がない稀勢の里関が、栃煌山関を見事な左からのおっつけで破った。連敗すれば、ほぼ綱取りが消えるというプレッシャーのかかる場面で前日とは打って変わった素晴らしい攻めを見せた。気持ちの切り替えが得意でない稀勢の里関だが、この勝利はやはり重圧のかかる綱取り場所を連続で経験した賜物だ。悪い流れを払拭する気持ちのよい勝利...

続きを読む

重圧に負けた稀勢の里関。綱取り場所は2日目にしてヤマ場を迎える。

花道で立つ稀勢の里関の表情は今までと何か違っていた。 <br>最近見せるようになった笑みを浮かべるでもなく、かと言って気合が空回りしている様子でもない。ただ静かに燃えている。それは、白鵬関不在となった今場所を自分が引っ張り、綱取りも決めてやるという強い意志を感じさせるものだった。「この表情ならいける。」この時点までは稀勢の里関の勝利を疑わなかった。しかし、その確信は稀勢の里関の仕切り途中に大...

続きを読む

白鵬関不在の秋場所は未来の第一人者候補決定戦になるだろう

残念なニュースが飛び込んできた。横綱白鵬関の2016年秋場所の休場が正式に決定した。左膝に今までにない痛みが走っているとの本人からの説明を考えると、休場もやむを得ないだろう。白鵬関の全休場所はこれで2回目となるが、前回は大関時代の2006年の九州場所となる。横綱になってからは、途中休場が去年の秋場所の1回のみということを考えると、ほぼ10年間60場所のうち休場3回で本場所出場率は95%を超えるいうことになる。日々の...

続きを読む

Xデーが忍び寄る白鵬関。大相撲の未来のために、真剣に「白鵬超え」を目指す力士が現れて欲しい

いよいよ秋場所開催まで一週間を切った。各力士が、それぞれ最終調整段階に入っていることだろう。そんな中、心配なニュースが飛び込んできた。横綱白鵬関が、左膝を負傷しているとの事だ。階段歩行もままならないとの情報もあり、休場の可能性も出てきている。少なくとも、ベストコンディションで本場所を迎えることは難しい状況だ。先場所負った左足の怪我から今回の膝の負傷に繋っていると思われることから、これまでに蓄積して...

続きを読む

新関脇の地位が宝富士関を飛躍させるのか?

先日、秋場所の番付が発表された。西に白鵬関、東に日馬富士関という番付に新鮮さを感じるが、いよいよ大相撲が始まる喜びで今から胸踊る気分である。さて今場所の注目は、やはり稀勢の里関の異例とも言える3場所連続の綱取りだろう。悲願の初優勝を成し遂げ横綱の地位を獲得できるのか、非常に楽しみだ。また、白鵬関の通算勝利数1000勝、カド番2大関の地位堅持の成否など話題の多い場所となっている。ただ私が秋場所で最も注目し...

続きを読む

卓越したバトンパスで銀メダルを獲得した男子リレーの快挙を相撲目線で考察する。

リオオリンピックが閉幕した。今回のオリンピックで多くのメダを獲得した日本だが、その中でも銀メダルを獲得した男子400mリレーは多くのメダル獲得競技の中でもとりわけ鮮烈な印象を残した。出場した4人の日本人選手は、誰一人10秒の壁を破れていない。事実、決勝に出場した8チーム中持ちタイムの合計は7位とのことだ。その状態から銀メダルを獲得出来たということは、如何に日本のバトンパスが素晴らしかったかということになる...

続きを読む

リオ五輪を通して、稀勢の里関は優勝すれば横綱になって良いと思うようになった。

リオオリンピックのメダルラッシュに日本が湧いている。オリンピック開催前の選手団のメダル獲得目標は、金メダル14個合計30個という強気な設定であったが、8/20現在で合計メダル数は目標を達成した。素晴らしい結果である。そんな好調な日本の勢いに乗せられて、いつもは相撲びいきの私もすっかり五輪競技観戦に夢中になっている。ただ、テレビ観戦していても頭の何処かで相撲の事を考えてしまうのだが、五輪競技と相撲には本質的...

続きを読む

プロフィール

momiji

Author:momiji
相撲に関わる色々なランキングを作成しております。

・相撲ポイント
15日間の幕内力士の相撲を最高点10点最低点0点で採点

6点・・・特筆すべき内容がない勝利
5点・・・特筆すべき内容がない敗北
※不戦勝は6点

カテゴリ欄の「2017年各場所ランキング」から素早く確認できます

スポンサードリンク