記事一覧

上位対決の初戦を制した稀勢の里関と豪栄道関。11日目の勝者が今場所の優勝候補となるだろう

いよいよ秋場所は佳境の後半戦に入った。 <br>今場所を盛り上げて来た隠岐の海関がこの日3敗目を喫したことで、いよいよ主役は全勝の豪栄道ということになってきた。 <br>この日は、今場所初の上位戦、大関照ノ富士関との1番となった。照ノ富士関の調子が上がっておらず合口も良いため、おそらく豪栄道関が勝つと踏んでいたが、想像以上の圧勝だった。立ち合いで右をねじ込むと、すぐに相手を起こしながら寄...

続きを読む

どうした照ノ富士関?調子を上げる上位陣のなかで一人4敗目を喫する

秋場所も早いもので折り返しの中日を迎えた。 <br>前日全勝対決を制した豪栄道関は、この日も合口の悪い難敵嘉風関を落ち着いて破り、星を伸ばした。また、一敗に後退した隠岐の海関も今場所好調の御嶽海関を退け首位を追走している。両横綱、綱取りがかかる稀勢の里関も白星を挙げ、注目力士が安泰の一日となった。 <br>そんな中、照ノ富士関がこの日栃煌山関に敗れ4敗目を喫した。おそらく今場所の優勝ラ...

続きを読む

5連敗の正代関。胸から当たる立ち合いを改善しなくては上位陣に通用しない。

秋場所は5日目を終了し早くも前半戦を終了した。 <br>ここまでの主役は、間違いなく隠岐の海関だろう。稀勢の里関を破った初日を皮切りに、両横綱を倒して場所を盛り上げている。この日も、取り直しで厳しい相撲となったが、しっかりと勝利し初日からの5連勝となった。内容も、松鳳山関相手にかなり余裕を持って戦えているように感じられた。すでに2大関2横綱を倒していることを考えると、これはもしかするとそのま...

続きを読む

若手の活躍に世代交代の波を実感するが、危機感を持って取り組む必要がある

秋場所も3日目まで終了した。今場所は、上位陣安泰の日が1日もないという荒れた展開が続いているが、4日目も、大関照ノ富士関が破れ安泰とはならなかった。そしてその大関を破ったのは、今場所躍進する隠岐の海関だ。立ち合いから攻められる展開で決して褒められる相撲内容ではなかったが、土俵際で押し出す大関の手を極めながら手繰りかろうじて勝利をもぎ取った。ギリギリでも技を仕掛けられるのは調子の良さを表している。この...

続きを読む

厳しい2敗目だが、なぜか見ていて清々しい。稀勢の里関は初優勝のために多いに苦しんで欲しい。

秋場所3日目も波乱の1日となった。 <br>初日から連勝していた、日馬富士関が初黒星となった。勝ったのは、隠岐の海関。稀勢の里関、鶴竜関と連日上位陣を破ってきただけに乗っていることは理解していたが、好調の日馬富士関に勝利するとは思わなかった。相撲内容も、立ち合いから、日馬富士関に両まわしを引かれる苦しい展開を、耐えて巻き替えて逆転するという小細工なしの真っ向勝負で勝利を収めている。横綱を連覇し...

続きを読む

プロフィール

momiji

Author:momiji
相撲に関わる色々なランキングを作成しております。

・相撲ポイント
15日間の幕内力士の相撲を最高点10点最低点0点で採点

6点・・・特筆すべき内容がない勝利
5点・・・特筆すべき内容がない敗北
※不戦勝は6点

カテゴリ欄の「2017年各場所ランキング」から素早く確認できます

スポンサードリンク