記事一覧

阿武咲はどこまで出世できるのか?関脇小結の新三役成績から分析する

前回の投稿で、九州場所で新三役として土俵に立つ阿武咲がさらに番付を上げるためには何番勝つことが求められるかを過去の横綱、大関の新三役場所の成績から割り出してみた。「阿武咲はどこまで出世できるのか?横綱大関の新三役成績から分析する」http://sumo1982.jp/blog-entry-123.html結果は、横綱となった力士でも新三役としては平均勝ち星は7.73とギリギリ勝ち越しで大関は平均勝ち星7.06ということがわかった。つまり、新三...

続きを読む

阿武咲はどこまで出世できるのか?横綱大関の新三役成績から分析する

10月30日に、九州場所の番付が発表された。39歳にして再入幕を果たした安美錦に大きな注目が集まっているが、新番付でもう一人驚きを与えた力士がいた。新小結に名前を連ねる若武者、阿武咲だ。■白鵬も成し遂げなかった記録を達成した期待の新星阿武咲は、まだ入幕3場所目の21歳だがすでに大きな記録を達成している。新入幕から3場所連続で2桁勝利を挙げているのだ。この記録は、多くの記録を更新した白鵬ですら成し得なかったた...

続きを読む

若手の優勝は実現するのか?〜その2〜

今、相撲界は大きく変わりつつある。長く第一人者であり続けた白鵬にも少しづつ衰えが見え始めたからだ。そして、望まれるのは新しい力。つまり若手が並み居る上位陣を押しのけて優勝する姿である。以前「若手の優勝は実現するか?約60年間の優勝者の番付から分析する」http://sumo1982.jp/blog-entry-116.htmlという投稿をさせてもらったが、約60年間で、関脇以下の力士の優勝率は10%しかないということがわかった。横綱大関の強...

続きを読む

御嶽海の横綱昇進の残り時間はあと4場所?三役在位場所と横綱昇進の関係を探る

九州場所開催まで、あと3週間を切った。どの幕内力士達も、幕内最高優勝を目指して稽古に励んでいることだろう。その中でも、私はある力士に注目している。若手筆頭の実力を誇る、関脇御嶽海だ。■白鵬の歴代最多勝記録をかけた一番で勝利する勝負強さ御嶽海の大相撲デビューは、大学時代の学生横綱、アマチュア横綱という華々しい実績から、幕下付け出し10枚目からのスタートとなった。その実績に違わぬ活躍ぶりで、所要4場所にし...

続きを読む

乱暴な相撲なしでは白鵬は優勝できない。2016年以降のデータは語る。

前回、白鵬の相撲に対して以下のような投稿を行なった「白鵬は乱暴な立ち合いばかりか?2017年の立ち合いを調べてみる」http://sumo1982.jp/blog-entry-111.html2017年秋場所時点までの全取組の立ち合いを確認し、乱暴な立ち合いが多いと批判される白鵬だが、実際のところどれほどそのような立ち合いを行なっているかを調べた。結果全取組の半分近い47%が横綱としてふさわしくない「張り手、張り差し、かち上げ、変化」といった内...

続きを読む

プロフィール

momiji

Author:momiji
相撲に関わる色々なランキングを作成しております。

・相撲ポイント
15日間の幕内力士の相撲を最高点10点最低点0点で採点

6点・・・特筆すべき内容がない勝利
5点・・・特筆すべき内容がない敗北
※不戦勝は6点

カテゴリ欄の「2017年各場所ランキング」から素早く確認できます

スポンサードリンク