記事一覧

週刊新潮記事「モンゴル互助会」を否定できない自分がいる

■週刊新潮「白鵬灰色の10番」とモンゴル互助会の存在12月7日に発売した週刊新潮の記事を読んだ方はいらっしゃるだろうか?「貴乃花の停戦条件はモンゴル互助会殲滅」「白鵬灰色の10番」と銘打たれた記事でモンゴル人同士で星のやりとりを行うモンゴル互助会の存在を指摘している。そして、今まで白鵬が行なった取り組みの中で八百長があったと疑われる10番を取り上げていた。日馬富士の暴行事件が盛んに取り上げられていることを受...

続きを読む

白鵬がラオウになるなら、稀勢の里がケンシロウになるしかないだろう

■バッシングを受ける白鵬はラオウ化が進んでいる大相撲は、今年最後の興行である冬巡業に入った。例年ならば、本場所が終わり相撲自体メディアに取り上げられなくなる季節となるが日馬富士の暴行事件の影響で、ワイドショーは、相変わらず大相撲をトップニュースに取り上げている。そして、日馬富士が引退した今メディアは、白鵬と貴乃花親方の対立関係を煽り立てようとしている。その動きに呼応するようにネット上では白鵬に対す...

続きを読む

独善的に振舞う白鵬は大相撲界のラオウになれば良い

■通算6度目の厳重注意と貴乃花親方外しを進言する独善ぶり白鵬の独善的な行動が止まらない。九州場所の嘉風戦で見せた物言いと、千秋楽での優勝インタビューでの発言と振る舞いが問題視され厳重注意を受けた白鵬だったが今度は、貴乃花親方を冬巡業から外すよう進言したとのことだ。どのような意図があっての発言かは定かではない。今までの日馬富士暴行事件の経緯を考えると貴乃花親方に対する不信感からの言葉であることが推察さ...

続きを読む

2017年九州場所総括 希望は土俵にある

■日馬富士の暴行事件で、騒がしかった九州場所今年の九州場所は、日馬富士の暴行騒動もあり個人的に土俵の相撲を集中して見ることが難しかった。相撲ファンの方々も同じ気持ちではなかっただろうか?そして、土俵に上がる力士達にも日馬富士の事件は大きく影響した事だろう。特に日馬富士が所属する伊勢ヶ浜部屋の力士達には大きな動揺が走ったことが窺える。しかし、九州場所の15日間を振り返ると、力士たちは、土俵上で白熱した...

続きを読む

日馬富士の無念さがにじむ引退会見。指導と暴力の明確な線引きが必要だ

■「なぜ俺だけが?」という思いが日馬富士にはあるのではないか?日馬富士の引退会見が昨日行われた。日馬富士と師匠の伊勢ヶ濱親方が、会見に臨んだわけだが2人からは無念という思いが滲み出ていたように思える。伊勢ヶ濱親方の「なぜこんなことになったのか?」という発言は自分が指導していた日馬富士がなぜこのような騒動を起こしてしまったか理解できないという気持ちを表しているのだろう。そして、もう一つ指導のいき過ぎに...

続きを読む

プロフィール

momiji

Author:momiji
相撲に関わる色々なランキングを作成しております。

・相撲ポイント
15日間の幕内力士の相撲を最高点10点最低点0点で採点

6点・・・特筆すべき内容がない勝利
5点・・・特筆すべき内容がない敗北
※不戦勝は6点

カテゴリ欄の「2017年各場所ランキング」から素早く確認できます

スポンサードリンク